続落、FRB議長講演控えて追加緩和に慎重な発言で=NY原油概況

商品 

NY原油先物10月限(WTI)(終値)
1バレル=55.35(-0.33 -0.59%)

ニューヨーク原油は期近が続落。ワイオミング州ジャクソンホールの年次シンポジウムで、23日に予定されている連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演に市場の関心が移るなか、2人の地区連銀総裁が追加利下げ不要と唱えたことなどで、欧州の時間帯までの買い意欲が大きく後退して、米国の時間帯の午前は高値から大きく崩れる展開となった。ダウ平均株価はマイナスサイドに振れたあと、プラスサイドに持ち直したが、原油はマイナスサイドに沈んだままだった。

minkabu PRESS編集部

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標