悲観論の後退で続伸 20400-20700のレンジ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

達人の予想 

悲観論の後退で続伸

●19日のNY株式市場は続伸。米中貿易摩擦や世界経済の懸念後退で買いが優勢。中国のファーウェイへの規制を強化した一方、保守に関わる分野に限定した一部取引を認める例外措置を3カ月延長することを発表。トランプ米大統領がアップルのCEOと会談し、制裁関税を協議したことも好感された。17日に中国人民銀行が金利制度改革を発表し、18日にはドイツが経済危機の際は最大500億ユーロの財政支出が可能だと示唆し、NYダウは一時330ドルを超える上げ幅をみせる場面もあり、過度の懸念が後退し続伸した。

ダウ工業株    26135.79(+249.78)△0.96%
ナスダック     8002.81(+106.82)△1.35%
S&P500    2923.65(+ 34.97)△1.21%

●本日の日経平均は悲観論の後退で続伸と読む。CME日経平均先物の終値は2万0635円で、昨日の東京市場の日経平均終値2万0563円と比べ70円ほど高い水準。先週末の大阪取引所の日経平均先物終値は2万0650円。

●日経平均株価のポイント
 ───────────
 2万0782円 8月9日高値
 2万0635円 CME日経平均先物
 2万0563円 昨日終値
 2万0499円 5日線

●今週の主な予定 

21(水)
○米 7月 中古住宅販売戸数

22(木)
○独 Q2 GDP改定値
○独 8月 マークイット製造業PMI速報値
○欧 8月 マークイット製造業PMI速報値
○米 8月12日週次 新規失業保険申請件数
○米 8月 マークイット総合PMI速報値
○米 8月 マークイット製造業PMI速報値
○欧 8月 消費者信頼感指数速報値
○米 ジャクソンホール(~24日)

23(金)
○米 7月 新築住宅販売戸数
○米 前週分 CFTC建玉明細

加藤あきら

加藤あきら|株式会社あすなろ 投資助言・分析者

国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標