反発、前日の大幅安の反動で買い戻しが優勢に=NY原油概況

NY原油先物7月限(WTI)(終値)
1バレル=58.63(+0.72 +1.24%)

 ニューヨーク原油は反発。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が0.72ドル高。その他の限月は0.74~1.11ドル高。

 トランプ米大統領が「中国との協議は早期に進展するとみている」との認識を示したこともあり、前日に大幅安となった反動が現れた。トランプ米大統領が中東に約1500人を追加派兵するよう指示したことは、対立するイランの緊張感を高めた。ただ、同大統領は増派については主に防御の役割であり、様子を見守ると述べた。

 時間外取引で7月限は堅調に推移し、通常取引序盤にかけては58.98ドルまで上昇した。その後は一転して売りが優勢となり、57.50ドルまで下げに転じる場面はあったが、引けにかけては買いが盛り返した。

minkabu PRESS編集部 

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC