日経、25日上を維持

日経平均は、さして大きな下落にはなりませんでしたが、だからといって上がったわけでもなく、軟調な地合いで終わりました。
一応表面的には、森友問題による国会空転による政策不在、これによってなかなか円高が終息しないという点、加えて、来期業績も円高想定レート変更による下振れ懸念など。
こういったことが相場の足を引っ張っていると言いますが、しょせん需給です。
これらは買わない理由、あるいは売る理由にしているだけで、今はまだ国内勢に目立った買い手がいない、ということだけでしょう。

出所: みんなの株式

為替ニュース/コラム

一覧を見る