広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

円売り優勢、ドル円は161円台後半へ 欧州株など堅調で=ロンドン為替概況

今日の為替 

円売り優勢、ドル円は161円台後半へ 欧州株など堅調で=ロンドン為替概況

 ロンドン市場は、円売りが優勢。欧州株や米株先物・時間外取引などが堅調に推移しており、特に仏CAC指数は全面高商状となっている。欧州債の下落も一服しており、フランスをめぐる政治相場は一巡した感もある。また、あすには米消費者物価指数が発表されるが、市場予想は前年比+3.1%と前回の+3.3%からの伸び鈍化が見込まれており、インフレ状況の進展が利下げ期待につながる面も指摘される。ドル円は161円台での取引が続いている。ロンドン序盤には161.61近辺まで高値を伸ばし、その後も高止まりしている。クロス円も総じて堅調。ユーロ円は174.90付近まで買われ、175円の大台に迫っている。ポンド円は206円台半ばでの揉み合いを経て、206.99近辺と207円付近に高値を更新している。豪ドル円はNZドル売りに影響もあり、やや上値を抑えられているが108円台後半で揉み合っている。米債利回りは低下しており、ポンドドルは素直に買われ1.28台に乗せている。一方、ユーロドルは1.08台前半の狭いレンジで揉み合っている。全般的にはこの時間帯の材料は少なく、明日の米消費者物価指数発表待ちのムードが広がっている。

 ドル円は161円台半ばでの取引。東京早朝の161.26近辺を安値に、その後は売買交錯も買いが優勢となっている。ロンドン序盤には161.61近辺に高値を更新した。日経平均が連日の最高値更新。欧州株や米株先物・時間外取引も堅調に推移しており、リスク選好的な円売り圧力に支えられているもよう。

 ユーロドルは1.08台前半での取引。目立った方向性をみせず1.0811-1.0825レンジで揉み合っている。ユーロ円はドル円とともに買われており、ロンドン序盤には174.90近辺と175円台を視野に入れる動きを見せている。その後も174円台後半に高止まり。対ポンドではユーロ売りが優勢。

 ポンドドルは1.28台前半での取引。1.27台後半での揉み合いを経て、ロンドン時間入ると米債利回りの低下とともに買われ、高値を1.2812近辺に更新している。ポンド円は東京早朝の206.16近辺を安値に206円台半ばへと上昇。ロンドン時間には一段と買われて、高値を206.99近辺まで伸ばしている。ユーロポンドは0.8450台の揉み合いを下放れると、安値を0.8445近辺に広げている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明 

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

関連タグ

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます