広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ドル円は下げ一服、一時154円割れのあと下げ渋る=東京為替概況

今日の為替 

ドル円は下げ一服、一時154円割れのあと下げ渋る=東京為替概況

 東京終盤のドル円は下げ一服。ドル円は、前日の海外市場で米10年債利回りの低下や、日米韓財務相会合を受けて介入への警戒感が強まったことから、ドル安円高方向に振れ、154円台後半から前半まで水準を切り下げた。東京午前では、神田財務官が為替を含む過去のコミットメントをG7共同声明で再確認したと発言をしたことを受けて、介入警戒感が一段と強まり、一時154円を割り込む場面があった。しかし、その後は日経平均の上昇などから下げ渋り、午後は154.30付近まで戻した。
   
 野口日銀審議委員は、賃金と物価の好循環の実現には相応の距離があり、今後の利上げペースはかなりゆっくりとしたものになるとの認識を示したが、市場の反応は限られた。
    
 ドル円以外のドルストレートは、米10年債利回りの低下からややドル安傾向となり、ユーロドルは一時1.0687付近まで、ポンドドルは1.2478付近まで上昇した。
   
 クロス円はおおむね下げ一服となり、ユーロ円は午前に164.36付近まで下落したあと、164.80まで戻した。ポンド円は191.91付近まで下落したあと、午後は一転して192円半ばまで上昇した。
     
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

関連タグ

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 56

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 142
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外為どっとコム 54

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 128
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 23
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

ヒロセ通商 50

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 121
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます