メルクが上昇 糖尿病治療薬に関する2つの特許で有利な判決=米国株個別

株式 

 米株式市場は前日のFOMCを受けてリセッション(景気後退)への警戒感が更に強まる中、リスク回避の雰囲気が続いている。その中でディフェンシブ性の高い薬品株への買いが優勢となっており、ファイザー<PFE>やメルク<MRK>が買われている。その中でもメルクは材料が出ている。

 糖尿病治療薬「ジャヌビア」と「ジャヌメット」の有効成分に関する2つの特許について、ビアトリス<VTRS>傘下のマイランを相手取った訴訟で、ウエストバージニア州の連邦裁判所がメルクに有利な判決を下した。

 また、これとは別に、メルク・アニマル・ヘルスが家畜管理のためのバーチャルフェンスを手掛けるベンス社を買収することで合意している。条件については非公開。

(NY時間13:33)
メルク<MRK> 87.86(+3.33 +3.94%)
ビアトリス<VTRS> 8.97(-0.08 -0.83%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 71
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 76
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 58
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーンを行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年9月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標