ダウ平均は大きく振幅後、前日終値前後での終了=米国株概況

株式 

--------------------------------------
米東部時間午後4時35分
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ダウ工業株30種平均 31261.90 + 8.77 (+ 0.03%) 31515.78 / 30635.76
ナスダック総合指数  11354.62 - 33.88 (- 0.30%) 11552.21 / 11035.69
S&P500     3901.36 + 0.57 (+ 0.01%) 3943.42 / 3810.32
-------------------------------------
 きょうのNY株式市場でダウ平均は大きく振幅した。 終値の前日比は、ダウ工業株30種平均が8.77ドル高の3万1261.90ドル、ナスダック総合指数が33.88安の1万1354.62、S&P500が0.57高の3901.36。

 火曜日までの3営業日続伸の後、水曜日に大きく値を崩したダウ平均は、木曜日も続落。今日は週末を前にしたポジション調整の意識もあり、時間外の時点で買いが目立っており、寄り付き後はしっかりの展開に。ダウ平均は前日比250ドル超の上昇を見せる形となった。

 しかし、リスク警戒からの株安の勢いは強く、その後は一転して売りが優勢に。高値から800ドル、前日比でも600ドルを超える下落を見せた。引けにかけては一転して買い戻し。週末マタギのポジションを嫌った動きに前日終値前後まで値を戻す展開となって居る。

 ダウ平均は中国東方航空での国内便でのMAX運航の再開が滞っているボーイング<BA>や、景気鈍化懸念などが重石となっているキャタピラーが朝から大幅安。その後はその他銘柄も幅広く売られ、米株安の動きに。引けにかけて各銘柄に買い戻しも、ボーイングは5%安、キャタピラーは4.3%安と下げ基調が続いた。

 医薬品、衛生品などの買いが目立っており、医薬品大手メルクなどがしっかり。引けにかけてはシステム関連の買いが目立ち、セールスフォース、シスコシステムズなどがしっかりと買われ、ダウのプラス圏浮上に寄与。

 ナスダックは中国でのサプライチェーン問題などを受けた自動車テスラの売りが朝から目立った。ツイッター買収を巡ってのイーロン・マスク氏の状況なども売りを誘った。一方でツイッター<TWTR>はしっかり。その他GAFA関連では一時売りがかなり強く出たエヌビディア<NVDA>が安値からかなりの買い戻しもマイナス圏。フェイスブック、アルファベットなどもしっかり。

 個別銘柄では投資判断の引き下げが見られたディスカウント小売のシティ・トレンズが朝から大幅安。引けにかけては少し買い戻しも13%強の下げとなった。決算で失望売りが出た農機具メーカーのディア<DE>も14%強の下げ。

ダウ採用銘柄
ボーイング 120.70(-6.44 -5.07%) 
キャタピラー  197.82(-8.94 -4.32%) 

ファイザー 52.47(+1.82 +3.59%)
メルク  93.55(+1.46 +1.59%)
シスコシステムズ  42.94(+1.22 +2.92%)

アルファベット(C) 2186.26(-28.65 -1.29%)
フェイスブック 193.54(+2.25 +1.18%)
ネットフリックス 186.35(+2.87 +1.56%)
テスラ 663.90(-45.52 -6.42%)
アマゾン 2151.82(+5.44 +0.25%)
エヌビディア 166.94(-4.30 -2.51%)
ツイッター 38.29(+1.00 +2.68%)

シティ・トレンズ 25.43(-3.87 -13.21%)
ディア 313.31(-51.31 -14.07%)

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 12
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 16
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年7月3日(日)午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年6月25日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC