TIが決算受け上昇 電子部品の需要がなお旺盛なことを示唆=米国株個別

株式 

 テキサスインス・ツルメンツ(TI)<TXN>が上昇。前日引け後に10-12月期決算(第4四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想を上回った。また、第1四半期も予想を上回る見通しを示している。電子部品の需要がなお旺盛であることを示した。

 同社のリザルディCFOは、「10-12月期の在庫が2四半期連続で増加した。これは半導体不足が緩和しつつあることを示唆するが、114日分という在庫水準は通常のレベルを下回ったままだ。最大190日分に拡大することがTI目標の1つとなっている」と述べた。

 アナリストからも前向きな評価が聞かれ、第4四半期の決算は保守的なガイダンスを顕著に上回り、第1四半期のガイダンスも予想を大きく上回る結果となった。これらのいわゆる、「ビート&レイズ(Beat and raise)」は、目先の好調が続くことを示唆しているとのコメントも出ている。ただ、同社の保守主義を評価する一方、株価の上昇幅は限定的と見ているとも述べた。

(10-12月・第4四半期)
・1株利益:2.27ドル(予想:1.95ドル)
・売上高:48.3億ドル(予想:44.2億ドル)

(1-3月・第1四半期見通し)
・1株利益(調整後):2.01~2.29ドル(予想:1.90ドル)
・売上高:45~49億ドル(予想:44.1億ドル)

※ビート&レイズ(Beat and raise)
 足元の決算が好調なうえ、見通しも予想を上回る事。

(NY時間09:47)
テキサス・インスツルメンツ<TXN> 179.74(+5.78 +3.32%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 3
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC