ダウ平均は小幅高での推移 スナップの決算受けIT株に売り=米国株後半

株式 

NY株式22日(NY時間15:36)
ダウ平均   35690.99(+87.91 +0.25%)
ナスダック   15095.72(-119.98 -0.79%)
CME日経平均先物 28735(大証終比:-135 -0.47%)

 NY時間の終盤に入ってダウ平均は小幅高での推移となっている。きょうのNY株式市場でダウ平均は上下動した。序盤は買いが先行して始まり、ダウ平均は一時161ドル高まで上昇した。その後、パウエルFRB議長のスピーチが伝わり、資産購入ペース縮小に向けて順調に推移していると述べたこともあり、急速に上げ幅を縮小し、下げに転じる場面もみられた。ただ、インフレについては、サプライチェーンの制約が和らげば低下するとの認識も示したことから、再びプラスに転じている。

 取引開始前までに発表になった決算はまちまち。インテル<INTC>は再建コストが利益を圧迫するのではとの見方から売りが強まっている。一方、アメックス<AXP>はカード支出が第3四半期としては過去最高を記録したことから株価も堅調な値動きをしている。

 ネガティブな反応を見せているのが、写真・動画共有アプリのスナップチャットを運営するスナップ<SNAP>。アップル<AAPL>のプライバシープライバシー基準変更に伴うデータ収集制限とデジタル広告測定への影響が重しとなっている模様。この決算を受けてフェイスブック<FB>やツイッター<TWTR>などのSNS企業に売りが強まっており、IT株の下落でナスダックはマイナス圏での推移が続いた。

 IT・ハイテク株の決算はこれまでのところ冴えない反応が示されているが、全体的にはポジティブな反応が見られている。サプライチェーン問題や人材不足などを懸念して、市場が事前に控えめな見通しを立てていた面もあるようだ。これまでのところ、S&P500企業のうち117社が発表を終えており、その84%が予想を上回る純利益を計上し、34.8%の増益が見込まれているようだ。

 ダウ採用銘柄ではアメックス<AXP>のほか、ゴールドマン<GS>、トラベラーズ<TRV>、JPモルガン<JPM>が上昇。一方、インテル<INTC>が大幅安となったほか、ハネウェル<HON>、マクドナルド<MCD>、ディズニー<DIS>が下落。

 ナスダックは反落。インテルのほか、フェイスブック、アマゾン<AMZN>、アルファベット<GOOG>が下落。一方、テスラ<TSLA>が最高値を更新。

 植物性代替肉を手掛けるビヨンドミート<BYND>が大幅安。取引開始前に7-9月期(第3四半期)の暫定決算を公表しており、売上高が約1.06億ドルと予想(1.34億ドル)を大きく下回ったことが嫌気された。

 特別買収目的会社(SPAC)のデジタル・ワールド・アクイジション<DWAC>がきょうも急騰。株価は一時175ドルまで急騰した。その後は急激に利益確定売りに押されている。

 ファンウェア<PHUN>が急騰。同社はモバイルアプリのユーザーを管理・収益化するために必要な製品やソリューションを提供している。個人投資家に人気のオンライン掲示板「レディット」を通じて推奨されたようだ。

スナップ<SNAP> 55.62(-19.49 -25.95%)
デジタル・ワールド<DWAC> 90.00(+44.50 +97.80%)
ビヨンド・ミート<BYND> 94.96(-13.66 -12.58%)
ファンウェア<PHUN> 8.32(+6.79 +443.79%)

アルファベット(C)<GOOG> 2775.69(-79.92 -2.80%)
フェイスブック<FB> 322.81(-19.08 -5.58%)
ネットフリックス<NFLX> 661.55(+8.39 +1.28%)
テスラ<TSLA> 907.70(+13.70 +1.53%)
アマゾン<AMZN> 3343.78(-91.23 -2.66%)
エヌビディア<NVDA> 227.86(+0.94 +0.41%)
AMD<AMD> 120.08(+0.75 +0.62%)
ツイッター<TWTR> 62.47(-2.94 -4.49%)

ダウ採用銘柄
ユナイテッドヘルス<UNH> 448.17(+5.89 +1.33%)
メルク<MRK> 81.08(-0.10 -0.12%)
マクドナルド<MCD> 238.63(-2.77 -1.15%) 
マイクロソフト<MSFT>  309.32(-1.44 -0.46%)
ホームデポ<HD> 366.49(+1.87 +0.51%)
ボーイング<BA> 212.99(-1.35 -0.63%) 
ベライゾン<VZ> 53.00(-0.40 -0.74%)
ビザ<V> 230.88(+0.64 +0.28%) 
ハネウェル<HON>  217.69(-6.83 -3.04%) 
ナイキ<NKE> 163.76(+1.58 +0.97%)
トラベラーズ<TRV>  162.77(+2.58 +1.61%)
ディズニー<DIS> 169.40(-1.94 -1.13%) 
ダウ・インク<DOW> 58.63(-0.63 -1.06%)
セールスフォース<CRM>  292.33(+2.52 +0.87%)
シスコシステムズ<CSCO> 55.14(-0.55 -0.98%)
シェブロン<CVX> 112.64(+0.90 +0.81%) 
コカ・コーラ<KO> 54.49(+0.14 +0.26%) 
ゴールドマン<GS>  414.60(+7.01 +1.72%)
キャタピラー<CAT>  200.96(-0.07 -0.03%) 
ウォルマート<WMT> 148.34(+1.53 +1.04%)
ウォルグリーン<WBA> 49.08(-0.06 -0.12%) 
インテル<INTC> 49.41(-6.59 -11.78%)
アメックス<AXP> 187.23(+9.76 +5.50%) 
アムジェン<AMGN> 209.12(+0.13 +0.06%)
アップル<AAPL>  149.04(-0.45 -0.30%)
P&G<PG> 140.92(+1.59 +1.14%)
JPモルガン<JPM> 171.97(+2.47 +1.46%)
J&J<JNJ> 163.83(+0.43 +0.26%)
IBM<IBM> 127.69(-0.64 -0.50%)
3M<MMM> 181.38(-0.75 -0.41%) 

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 27

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年2月27日(土)午前1時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「16時〜25時の間」となりますのでご注意ください。

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC