ツイッターがモーパブをアップロビンに売却 両社とも恩恵=米国株個別

株式 

 ツイッター<TWTR>が上昇。前日引け後にモバイル・アドサーバーのモーパブをアップロビン<APP>に10.5億ドルで売却すると発表。ツイッターはこの売却益をもとに、サービスの開発を加速し、主要分野全体の成長を促進することができるとしている。ツイッターのドーシーCEOは声明で、「今回の取引により、長期的成長に向けて最適な中核サービスに投資する能力が加速する」と述べた。

 アナリストからも高評価が聞かれ、両社にとって恩恵があるとしている。ツイッターにとって今回の取引は、「中核プラットフォームの収益化への注力が高まっていることを示し、同社の長期的な戦略目標と一致している」との声も聞かれる。

 一方、アップロビン側は、「広告主とユーザーをつなぐ同社の機能が強化され、広告の表示回数に対する需要が高まり、顧客へのリーチが広がる」という。

(NY時間09:42)
ツイッター<TWTR> 62.70(+1.41 +2.30%)
アップロビン<APP> 81.20(+4.20 +5.45%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標