ダウ平均は急反発 中国恒大の不安感は一服 FOMC受け伸び悩む場面も=米国株後半

株式 

NY株式22日(NY時間15:54)
ダウ平均   34282.71(+362.87 +1.07%)
ナスダック   14908.71(+162.31 +1.10%)
CME日経平均先物 29895(大証終比:+375 +1.26%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は急反発。一時500ドル超の上げ幅となった。中国不動産大手、恒大集団が23日に予定している社債の利払いを履行すると発表したことでひとまず安心感が広がっている模様。中国人民銀行が短期資金供給を増やしたことも悲観を後退させた。

 23日に履行される利払いの規模は2億3200万元(約39億円)だが、恒大は23日以降、社債の利払いなどが相次ぐ。恒大集団の6月末時点の負債総額は1兆9665億元(約33兆円)の規模に上り、今回は乗り切ることができたとしても、経営破綻への不安感が完全に払拭できるかは不透明とみられている。今回の信用不安が他の中国不動産会社や金融機関に波及し、中国経済の急速な収縮に繋がってしまうのか、市場は警戒している。

 午後にFOMCの結果が公表。声明では資産購入ペース縮小が近く正当化する可能性に言及したほか、注目の利上げ開始については、FOMCメンバーの金利見通し(ドット・プロット)では22年の利上げ開始が18人中9人に増え、22年の可能性を半々で見ていることが示唆されている。前回は7人だった。ただ、概ね予想範囲内でもあったことから株式市場は買い戻しの反応を強めた。

 しかし、その後のパウエル議長の会見を受けて伸び悩む動きも見られている。議長は資産購入ペース縮小の終了は2022年半ばが適切との見解を示し、11月会合で行動する可能性も示唆していた。資産購入ペース縮小のタイムラインについては、タカ派なFOMCメンバーが主張していた22年第1四半期までの終了よりは緩やかではあるものの、10カ月かけた縮小との見方も多かったことから、11月に開始できたとして、来年の半ばの終了であれば、それよりはペースは若干早い。ちょうど真ん中を取った雰囲気だ。パウエル会見は予想よりは若干タカ派な印象もあった。

 なお、パウエル議長は、中国恒大の問題は中国固有の性質が非常に強いとの認識を示したことで、株式市場もサポートされる場面も見られていた。

 薬品株の一角は軟調だったものの、ほぼ全面高の中、エネルギーや銀行、産業株が上昇したほか、IT・ハイテク株も上昇した。

 ダウ採用銘柄ではボーイング<BA>やシェブロン<CVX>が上昇したほか、アメックス<AXP>、ゴールドマン<GS>、JPモルガン<JPM>も堅調。一方、ユナイテッド・ヘルス<UNH>、アムジェン<AMGN>が軟調。

 ナスダックも反発。フェイスブック<FB>は下落したものの、その他の主力株は概ね買い戻されている。

 フェイスブックは、データ収集に関するアップル<AAPL>の新たな制限が今四半期の同社の事業に重く圧し掛かっていることを明らかにした。

 ネットフリックスが反発。アナリストが目標株価を650ドルに引き上げた。

 フェデックス<FDX>が下落。前日引け後に6-8月期決算(第1四半期)を発表し、売上高は予想を上回ったものの、1株利益は予想を下回った。荷物の伸びが鈍化するにつれて、コストの上昇が重しとなっていることが示唆されている。

 アドビ<ADBE>が下落。前日引け後に発表した6-8月期決算(第3四半期)は好調だったものの、今年のアドビ株は既に30%上昇しており、投資家の期待を裏付けるには不十分との印象が強かったようだ。

 オンライン・アパレルのスティッチ・フィックス<SFIX>が大幅高。前日引け後に5-7月期決算(第4四半期)を発表し、1株損益が予想外の黒字となった。


 電気自動車(EV)のスタートアップ企業のエレクトリック・ラスト・マイル・ソリュ―ジョンズ<ELMS>が上昇。戦略的流通パートナーであるランディ・マリオンから、商用車「アーバン・デリバリー」を1000台受注したと発表した。

 広告管理プラットフォームを手掛けるマリン・ソフトウエアが急伸。エンタープライズ・テクノロジー・プラットフォームとソフトウェア製品の開発でグーグルとの新たな収益分配契約を更新した。

フェデックス<FDX> 229.51(-22.56 -8.95%)
アドビ<ADBE> 625.96(-19.94 -3.09%)
スティッチ・フィックス<SFIX> 41.09(+5.63 +15.88%)
エレクトリック・ラスト<ELMS> 7.88(+0.72 +10.06%)
マリン・ソフトウェア<MRIN> 9.28(+3.59 +63.09%)

アルファベット(C)<GOOG> 2818.84(+25.91 +0.93%)
フェイスブック<FB> 343.09(-14.39 -4.03%)
ネットフリックス<NFLX> 592.04(+18.90 +3.30%)
テスラ<TSLA> 751.18(+11.80 +1.60%)
アマゾン<AMZN> 3383.86(+40.23 +1.20%)
エヌビディア<NVDA> 219.31(+6.85 +3.22%)
AMD<AMD> 104.42(+1.60 +1.56%)
ツイッター<TWTR> 64.14(+1.36 +2.16%)

ダウ採用銘柄
ユナイテッドヘルス<UNH> 408.69(-3.65 -0.89%)
メルク<MRK> 72.03(+0.06 +0.08%)
マクドナルド<MCD> 243.42(+2.92 +1.21%) 
マイクロソフト<MSFT>  298.99(+4.19 +1.42%)
ホームデポ<HD> 336.18(+1.96 +0.59%)
ボーイング<BA> 217.07(+8.56 +4.11%) 
ベライゾン<VZ> 54.12(+0.09 +0.16%)
ビザ<V> 222.83(+2.66 +1.21%) 
ハネウェル<HON>  216.99(+2.09 +0.97%) 
ナイキ<NKE> 157.37(+2.35 +1.52%)
トラベラーズ<TRV>  154.57(+1.60 +1.05%)
ディズニー<DIS> 173.74(+2.57 +1.50%) 
ダウ・インク<DOW> 56.36(+0.83 +1.49%)
セールスフォース<CRM>  259.24(+1.27 +0.49%)
シスコシステムズ<CSCO> 55.55(+0.29 +0.52%)
シェブロン<CVX> 97.61(+2.76 +2.91%) 
コカ・コーラ<KO> 54.21(+0.16 +0.29%) 
ゴールドマン<GS>  385.89(+10.05 +2.67%)
キャタピラー<CAT>  191.50(+1.66 +0.87%) 
ウォルマート<WMT> 142.68(-0.34 -0.24%)
ウォルグリーン<WBA> 48.09(+0.07 +0.15%) 
インテル<INTC> 53.59(+0.72 +1.35%)
アメックス<AXP> 167.67(+4.40 +2.69%) 
アムジェン<AMGN> 214.05(-1.31 -0.61%)
アップル<AAPL>  146.03(+2.60 +1.81%)
P&G<PG> 143.64(+0.53 +0.37%)
JPモルガン<JPM> 156.21(+3.23 +2.11%)
J&J<JNJ> 164.01(-0.52 -0.32%)
IBM<IBM> 134.82(+1.85 +1.39%)
3M<MMM> 179.92(+1.50 +0.84%) 

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC