ドルは低ベータ通貨に対して上昇も、高ベータ通貨に対しては下落との見方も=NY為替

為替 

 きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となっており、ドル円は一時109.10円付近まで下落したほか、ユーロドルは1.18ドル台での底堅い動きを続けている。前日の米消費者物価指数(CPI)が高インフレのピークアウトの兆候を示したことで、FRBの慎重姿勢は続くとの見方につながっている。来週はFOMCが予定されているが、資産購入ペース縮小は議論されるものの、アナウンスはないとの見方を市場は確実視しているようだ。

 年末にかけての為替相場について様々な見方が出ているが、ドルは、ユーロや円といった低ベータ(相対的感応度)の通貨に対しては上昇するものの、ポンドや資源国通貨などの高ベータの通貨に対しては下落の可能性が高いとの見方も出ている。年末のユーロドルは1.15ドルまでの下落を予想しており、一方で最有力候補はポンドだという。要因として、ECBよりも英中銀の方が遥かに景気回復に敏感である点を指摘している。

USD/JPY 109.24 EUR/USD 1.1819 GBP/USD 1.3845

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC