【本日の見通し】ポンドへの警戒広がる

為替 

 ドル円は基本的にもみ合い。
今週に入ってブレグジット交渉がらみでの動きが一気に強まっている。
英ジョンソン政権は通商交渉のデッドラインを10月15日に前倒しを発表。
昨年合意した離脱協定の一部変更につながる可能性のある国内法の提出方針も示している。
こちらにEUが反発。国内法については月内の撤回を求めた。
また、10月15日までの合意は難しいという見方が強く、
ハードブレグジット懸念が一気に広がる展開となりポンド売りに。
ポンドドルは大きな下げにつながっている。
ポンド円も含め下値リスクが相当に強い。
ドル高円高の流れで、ドル円はしっかりも、リスクは下方向か。
106円を再び割り込むような動きに要注意。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 1
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

セントラル短資FX 24

ドル円スプレッド 0.1銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ -5
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 16
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
セントラル短資FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC