対中関税は米大統領選挙後まで継続との報道でドル円は伸び悩む=NY為替概況

今日の為替 

 きょうのNY為替市場、ドル円は後半にやや戻り売りに押された。心理的節目の110円台を回復し、東京時間の早朝には一時110.20円近辺まで上昇する場面も見られた。ただ、さすがに一服感もあるのか、ロンドン時間には戻り売りも見られ、109円台に値を落としていた。しかし、109円台に入ると買いも入り下値はサポートされている。きょうの動きを見た限りでは、まだ上値追いのモメンタムは残っている模様。

 ただ、後半になってドル円は伸び悩む動きを見せた。ブルームバーグが関係者の話として、「対中関税は大統領選挙後まで継続」と伝えたことに反応した模様。中国からの輸入品に米国が現在課している関税は、11月の米大統領選挙が終わるまで維持される可能性が高く、引き下げの有無は中国による第1段階合意の順守状況次第だという。

 しかし、一部からは、何も新しい話ではないとの声も聞かれる。元々、今回の合意で12月に追加予定だった関税を見送っただけで、現行の関税は残っているという。関税については第2段階以降の交渉で、トランプ大統領は、第2段階の合意は大統領選挙後と述べていた。なお、一部関税については、2月中旬から半分に引き下げられる予定。いずれにしろ、市場自体が少し期待し過ぎている面は否めないのかもしれない。

 ユーロドルは、朝方の米消費者物価指数(CPI)の発表を機に下げ渋る動きが見られた。ただ、200日線が1.1140ドル近辺に来ているが、その水準が強い上値抵抗となっている模様。ユーロ自体の手掛かり材料は乏しく、ドルの行方に左右される状況が続いている。

 市場はラガルド新総裁のもと、今年のECBの動向に注目しているが、一部からは今年は金融政策は維持されるのではとの声も出ている。ECBの金融政策は現在、自動操縦の状態になっており、すぐに行動する必要はないとの見方も少なくない。そのような中で市場はむしろ、予定している「戦略見直し」に焦点を移しているようだ。

 ポンドドルもNY時間に入って買い戻しが見られ、1.30ドル台を回復。ここに来て市場では、英中銀の利下げ期待が高まっており、今月末の英中銀政策委員会(MPC)での利下げ確率は50%まで上昇。ポンド売りの動きも見られているものの、ポンドドルは1.29ドル台では買いも入るようで、1.30ドル台は維持されている状況。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 16
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 11
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

DMM FX 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 14
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 12
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
DMM FX のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC