今週の米ドル/円予想 週後半のイベントを控え保ち合い(12/9週)

達人の予想 

【先週のドル/円の動向と今週の主要イベント】

今週の主な経済指標
今週の主な経済指標

先週の米ドル/円は反落。週初109.570で寄り付いた米ドル/円は、中国の経済指標が予想より強かったことなどを受けて109.740まで上昇しましたが、トランプ大統領がブラジルとアルゼンチンへの関税賦課を打ち出したほか、ISM製造業景気指数やISM非製造業景気指数、ADP全米雇用報告が弱かったことなどにより、上値の重い展開で推移し108.350まで下落。その後、発表された雇用統計はNFPが前月比26.6万人増(予想:同18万人増)、失業率が3.5%(予想:3.6%)、平均時給が前月比+0.2%(予想:同+0.3%)と強い結果となったため、108.90台まで上昇いたしましたが、クドロー米国家経済会議委員長が「米中協議についてトランプ大統領はまだ署名する準備ができていない」などの発言を受けて、108円台半ばまで値を戻し108.570で引けました。

【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

【米ドル/円(TFX)週足 チャート】
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

米ドル/円の週足チャートです。
相場は、以前からお伝えしていた黄色い下降トレンドラインを上回ることができずに、先週は反落しています。
また、移動平均線は上から順に52週MA(109.011)、13週MA(108.410)、26週MA(107.785)で、52週MAは下向きで、価格は52週MAと13週MAの間に位置しており、ストキャスティクスも%Dが77%、Slow%Dが82%と過熱感のある水準から下降基調となっているため、中期的なポジショントレードにおけるメインシナリオは、スピード調整の継続を予想します。この場合のレジスタンスは、109円、その上が110円で、サポートは、108.41、その下が107.785です。
一方、チャートパターンとしては、以前からお伝えのとおりヘッドアンドショルダーズボトムを形成しているとも読み取ることができ、13週MAを下回らずに、下降トレンドラインを上回る場合は、買いと考えます。

【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

【米ドル/円(TFX)日足 チャート】
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

米ドル/円の日足チャートです。
200日MA(108.850)はやや下向き。価格は先週に再度200日MAや基準線、転換線を下回っています。
 一方、ストキャスティクスは%Dが25%、Slow%Dが29%まで下落しています。
週末のイベントを控え、当面は、200日MAと雲の上限(108.239)に挟まれた価格帯での推移が想定されるため、当面はレンジ相場での逆張りを、週後半以降はレンジブレイクを狙っていきたいと思います。

このコメントは弊社チーフテクニカルアナリスト山口の個人的な見解で、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。チャート画像を拡大したものを、フジトミ公式ツイッター「 日経平均株価指数のフジトミ (https://twitter.com/fujitomi_8740) 」にアップしています。

執筆者 山口哲也

執筆者 : 山口哲也|株式会社 フジトミ チーフテクニカルアナリスト

株式会社フジトミ 国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト 金融機関でアナリストとして経験を積んだのち株式会社フジトミ入社。幅広い手法を網羅した緻密な分析とわかりやすい解説が好評。日経CNBC・東京MXテレビ等メディア出演多数。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 95

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 94

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 76

ドル円 48
豪ドル円 15
トルコリラ円 58

みんなのFX 72

ドル円 48
豪ドル円 15
トルコリラ円 58

FXブロードネット 71

ドル円 62
豪ドル円 21
トルコリラ円 ---
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標