円売り優勢、ドル円は108.05付近=東京為替

為替 

中盤に差し掛かった東京外為市場では、円売りが優勢となっている。朝方にトランプ大統領が10月1日予定の対中関税率引き上げを15日に変更することを発表すると、リスク選好の動きから、円売りが優勢となった。ドル円は、8月1日以来となる108円台に乗せると、その後も強もち合いとなっている。クロス円も地合いを引締めている。ユーロ円は119円台に乗せている。
                 
午前10時20分現在、ドル円は1ドル=108.05前後、ユーロドルは1ユーロ=1.1011付近、ユーロ円は1ユーロ=119.01前後、ポンド円が1ポンド=133.26近辺、豪ドル円は1豪ドル=74.26前後で取引されている。

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC