米中通商問題進展で、ドル円反発。

マーケットコンディション

昨日のドル円は、105.27円で始まると、東京時間は連休明け買戻しが先行し105.58円まで上昇。その後、追随する買いはなく105.30円前後へ失速。ロンドン時間、米中貿易摩擦や香港デモ拡大などを嫌気し、105.06円まで下落。NY時間、米通商代表部(USTR)は中国に対する関税第4段で、携帯電話やパソコンなど一部製品への適用を延期(9/1→12/15)と発表。また、中国商務省は「劉鶴(りゅう かく)副首相がライトハイザーUSTR代表、ムニューシン米財務長官と電話協議を行った。また、今後2週間以内に再度協議することを計画している」との発言を受け、NYダウ平均が反発。ドル円も106.97円まで上昇し106.73円でクローズをむかえた。

米中通商問題進展で、ドル円反発。

105円割れを狙った売り手の踏み上げで107円手前まで上昇といった感じか。ただ、このまま買い上がるほどの要因は考えにくい。テクニカル的に昨日の高値106.97円は、8/1の高値109.31円から8/12の安値105.05円に対する戻り38.2%(106.67円)レベルである。完全に反転と判断するには、8/6の高値107.09円や107.18円(109.31円-105.05円の戻り50%)を超える必要がありそうだ。目先は戻り売りの流れとみる。

遠藤寿保

遠藤寿保|YJFX! FXエバンジェリスト

98年日本初のFX事業開始から、Web広告やセミナー運営、リスク管理啓蒙などFX業務全般に携わる。数多くの一般投資家と接しながら、現在、YJFX!にてFXエバンジェリストとして情報配信・FXコラム執筆・セミナー活動等を行っている。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標