期近が小反発、リグ稼動数の減少が下支え=NY原油概況

NY原油先物8月限(WTI)(終値)
1バレル=60.21(+0.01 +0.02%)

国際エネルギー機関(IEA)の月報で、世界の石油需要が低迷するなか、米国の石油生産が拡大し、今後9カ月で世界の石油在庫が増加するとの見通しが示されたことを受けて戻りを売られた。しかし、米国内の原油の掘削装置(リグ)稼動数の減少が下支えとなり、小幅高で引けた。

minkabu PRESS編集部

出所: minkabuPRESS

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

みんなのFX 98

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.7 銭(原則固定)

パートナーズFX 91

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)

ヒロセ通商 LIONFX 84

ドル円 0.3 銭(原則固定)
ユーロ円 0.5 銭(原則固定)
ポンド円 1.0 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

パートナーズFXnano 99

ドル円 80
豪ドル円 30
トルコリラ円 100

みんなのFX 96

ドル円 80
豪ドル円 30
トルコリラ円 100

SBIFXトレード 94

ドル円 82
豪ドル円 28
トルコリラ円 87
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標