広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ユーロドル主導でドル高優勢=ロンドン為替概況

今日の為替 

ユーロドル主導でドル高優勢=ロンドン為替概況

 ロンドン市場はドル高が優勢となった。11月のフランス消費者物価指数が前年比3.4%と市場予想を大きく下回る低い伸びに留まり、昨日のドイツ消費者物価指数の弱さと合わせ、ユーロ圏のインフレ鈍化傾向が意識されたことで、ECBの早期利下げ開始期待が強まり、ユーロ売りとなった。昨日海外市場および東京市場で下値を支えていた1.0960前後を割り込み、ストップロス注文を巻き込んで売りが強まった。19時に発表されたユーロ圏消費者物価指数も予想を下回る前年比2.4%となり、インフレターゲットである2.0%到達が見えてきたことで、ユーロ売りが強まり1.0910前後での推移となった。米債利回りの上昇もユーロ安ドル高に寄与した。米10年債利回りは4.25%台から4.3%手前まで上昇した。

 ドル全般の上昇が強まる中で、ドル円も反発した。東京市場では朝方147円を割り込む動きを見せた後、147円を挟んでの推移が続いていた。ロンドン市場にはいってドル全般の上昇を受けて147円70銭台まで上値を伸ばした。

 ユーロ円は161円40銭前後での推移から、フランス消費者物価指数を受けたユーロ安に160円60銭前後まで売りが出る展開となった。その後、ドル円でのドル買い円売りが強まると、安値から反発。161円30銭近くまで買い戻しが入り、朝の下落のかなりの部分を解消する動きとなった。

 ポンドドルは1.2700を挟んでの推移から、ユーロドルの下げにつれ安となり1.2630台を付けた。対円でもユーロ円同様にいったん下げたが、その後下げ分のほとんどを解消している。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます