【これからの見通し】ドル相場の方向性探る週が始まる、ややドル高の動き

為替 

【これからの見通し】ドル相場の方向性探る週が始まる、ややドル高の動き

 週明けは先週末からのドル高圧力が継続している。ユーロドルやポンドドルは1.02台半ば、121台前半など先週末からのドル高水準を踏襲しての揉み合いになっている。一方、ドル円はクロス円の上値の重さとともに一時133円台割れと売り圧力が優勢。この日発表された一連の中国経済指標が予想を下回ったこと、NY原油先物の軟調などを受けて、豪ドル、NZドルやカナダドルではドル買いの動きが入っている状況。

 8月はドル相場の方向性が錯綜している。米雇用統計が強かったことがドル買いに。米消費者物価指数など一連のインフレ指標が鈍化したことがドル売りにつながった。ただ、米金融当局者の積極利上げ路線には目立った変化はみられていない。

 短期金融市場では指標の強弱とともに50bpと75bpの利上げ観測が揺れ動いているが、ただそれだけのこと、ともいえそうだ。最新のCMEフェドウォッチによると、50bpが53.5%、75bpが46.5%と拮抗している。今週はサマーバケーションの時期でもあって、なかなか方向性はでないか。

 きょうはこの後の海外市場で、ニューヨーク連銀製造業景気指数(8月)、米NAHB住宅市場指数(8月)、対米証券投資(6月)、カナダ製造業売上高(6月)、カナダ卸売売上高(6月)など。

 発言イベント関連では、ウォラーFRB理事が経済イベントで開会あいさつを行う。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 71
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 76
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 58
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーンを行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年9月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標