FX/為替「CPIショックでドル/円は約3円の急落 米インフレのピークアウト観測浮上 データ次第の利上げをめぐりドルの荒い値動き続く公算」 外為トゥデイ 2022年8月11日号(短縮版)

マネ育チャンネル 

外為トゥデイ

ドル/円を中心に、前営業日の値動きをわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

作成日時 :2022年8月11日10時00分
執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼10日(水)の為替相場
▼10日(水)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報/ ▼本日のひとこと/ ▼注目の経済指標

10日(水)の為替相場

ドル円

予想を下回る米7月CPIで132.024まで高値から3円超急落。9月75bp利上げ観測が後退。

期間:10日(水)午前6時10分~11日(木)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

———-8/10主な出来事—————————

10:30 中国7月消費者物価指数(前年比) +2.7%
前回+2.5%
予想+2.9%10:30 中国7月生産者物価指数(前年比) +4.2%
前回+6.1%
予想+4.8%

15:00 ドイツ7月消費者物価指数・改定値(前年比) +7.5%
前回+7.5%
予想+7.5%

21:30 アメリカ7月消費者物価指数(前月比) 0.0%
前回+1.3%
予想+0.2%
21:30 アメリカ7月消費者物価指数(前年比) +8.5%
前回+9.1%
予想+8.7%

21:30 アメリカ7月消費者物価指数・コア(前年比) +5.9%
前回+5.9%
予想+6.1%

24:21 エバンズ米シカゴ連銀総裁
「今日のインフレリポートは最初のポジティブな報告」
「インフレは容認できないほど高い」
「FRBは今年と来年、利上げを行うと予想」
「FF金利は年末に3.25-3.50%とみている」
「FF金利は2023年末に3.75-4.00%とみている」

27:00 アメリカ7月財政収支 -2111億ドル
前回-888億ドル
予想-1940億ドル

27:26 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「インフレへの勝利宣言には程遠い」
「FF金利は年末に3.9%、来年末に4.4%を見込む」
「来年初めに利下げするとの見方は非現実的」
「近い将来、リセッションに陥る可能性」

10日(水)の株・債券・商品市場

日経平均 27819.33▼180.63
豪ASX   6992.672▼37.159
上海総合 3230.020▼17.412
英FT      7507.11△18.96
独DAX   13700.93△165.96
NYダウ    33309.51△535.10

日10年債利回り 0.190%△0.021
豪10年債利回り 3.244%△0.060
英10年債利回り 1.951%▼0.020
独10年債利回り 0.888%▼0.032
米02年債利回り 3.2141%▼0.0555
米10年債利回り 2.7809%△0.0036

NY原油 91.93△1.43
NY金  1813.70△1.40

外為注文情報

<外為注文情報はこちら>

外為注文情報 ドル円

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

本日のひとこと

米7月消費者物価指数(CPI)は伸びが鈍化したとはいえ前年比+8.5%と、まだまだ高水準。それでもこれほどドルが急落したのは、26カ月ぶりに前月比の上昇が止まったことで米国のインフレはピークを越えたとの見方が広がったためでしょう。先週の米雇用統計で高まった9月75bp(0.75ポイント)利上げ観測が急速に後退し、利上げ幅は50bpに落ち着くとの見方に傾きました。ドル/円は5日発表の米雇用統計で約2.5円上昇、昨日のCPIで約3円下落という激しい値動きです。FRBが「利上げペースはデータ次第」と強調しているためドル/円の値動きもデータ次第なのでしょう。

今後、9月FOMCまでに米雇用統計とCPIがもう一回ずつ発表されるほか、今月後半には恒例のジャクソンホール・シンポジウムが開催されます。ドル/円の荒い値動きはもうしばらく続きそうです。

注目の経済指標

<国内>山の日
特になし

<海外>
08:01 7月英RICS住宅価格
09:00 4-6月期シンガポールGDP・確定値
16:00 6月トルコ経常収支
20:00 6月メキシコ鉱工業生産
21:30 7月米生産者物価指数
21:30 米新規失業保険申請件数
26:00 米30年債入札
27:00 メキシコ中銀政策金利

※時間は日本時間での表示になります。

※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

kanda.jpg株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

マネ育チャンネル:外為どっとコム

執筆者 マネ育チャンネル

執筆者 : マネ育チャンネル|外為どっとコム

マネーを育てよう!をテーマに、外為どっとコム総合研究所に所属する研究員が執筆するオリジナルレポートのほか豪華講師陣の貴重なFXレポート、個人投資家や著名投資家のインタビュー記事など、バラエティ豊かな情報を配信しています。為替トレンドに合わせた特集記事やFX初心者でも安心の学習コンテンツを用意しており、個人投資家の取引技能の向上に寄与すべく活動しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 28

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 71
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

外貨ex byGMO 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 76
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細

外為どっとコム 25

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 58
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーンを行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。(スプレッド調査日2022年9月15日)

外為どっとコム のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標