【新興国通貨】中南米通貨全般に一時売りが目立つも、その後買い戻し=メキシコペソ

為替 

【新興国通貨】中南米通貨全般に一時売りが目立つも、その後買い戻し=メキシコペソ

 中南米通貨はブラジルレアルやチリペソ・コロンビアペソなどが主導して一時売りが目立つ展開に。ブラジルは秋の大統領選に向けて劣勢となっていた現職のボルソナロ大統領が、世論調査で追い上げを見せていることが警戒材料に。銅価格の下落や労使問題での生産減をうけてチリペソも軟調。4時半に政策金利が発表されたコロンビアペソは、1.5%の大幅利上げ見通しによる景気鈍化が懸念され発表前に売りが強まり、ロンドン市場の1ドル=4109前後から4180近くまで。
 メキシコペソもロンドンから中南米朝にかけては軟調で1ドル=20.14ペソ前後から20.26台までドル高ペソ安が進行。しかし、その後のドル全般安基調に午後には20.06前後を付ける動きを見せた。
 対円でも中南米午前は売りが目立ち、6円71銭に迫る動き。その後6円76銭前後まで買い戻しが入った。

MXNJPY 6.745
 

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC