【これからの見通し】ドル高に調整入る、再びドルが買われる時機を探る

為替 

【これからの見通し】ドル高に調整入る、再びドルが買われる時機を探る

 ドル円は東京市場で136円台割れから135.20付近まで反落する場面があった。中尾元財務官が、現在の円安は日本経済にとって良くない、円安における金融政策の役割は明らか、為替介入の可能性は排除できない、などと発言したことに反応していた。

 また、昨日のパウエルFRB議長の議会証言の後も、ドル売りが入っていた。インフレ2%への回帰に強力にコミット。米経済は非常に力強く、引き締め策への対処可能、などとしており、直近FOMC後の会見内容からは目立った変化はなかった。ソフトランディング達成は非常に困難、との見方も繰り返した。ユーロドルやポンドドルは反発しており、議会証言前のドル買い傾向が反転していた。

 中尾元財務官にしても、パウエルFRB議長にしても、市場は金融当局者の発言にかなり神経質な反応を見せている印象。金利差相場が強く意識されてはいるものの、短期的なドル買いの行き過ぎ感も否めないようだ。きょうもパウエルFRB議長の議会証言が下院金融委員会で実施される予定。

 この後の海外市場で発表される経済指標は、米英独仏ユーロ圏などの製造業と非製造業のPMI・速報値(6月)、トルコ中銀政策金利、米経常収支(第1四半期)、米新規失業保険申請件数(18日までの週)など。トルコ中銀のほかにもフィリピン、インドネシア、ノルウェー、メキシコなどの中銀が金融政策を発表する予定。

 発言イベント関連では、パウエルFRB議長が下院金融委員会で半期に1度の議会証言を行う。ナーゲル独連銀総裁、ビルロワドガロー仏中銀総裁がイベントに参加。ECB経済報告の公表、米週間石油在庫統計の発表なども予定されている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC