ドル円の上値重い、米景気見通しの不透明感や株安警戒で=東京為替概況

今日の為替 

 20日の東京市場でドル円は128.21円付近まで強含んだ後、上げ幅を消した。昨日の米フィラデルフィア連銀製造業景気指数など景気後退を警戒させる不穏な経済指標が増えつつあることがドル円を圧迫した。主要国のなかで米国は金融引き締めに最も積極的であり、楽観的な米景気見通しが崩れた場合、ドル安方向へ振れ幅が大きくなりやすい。

 景気見通しの悪化を背景に、主要な米株価指数が一段安となるリスクが意識されていることは円買いを誘った。ダウ平均などは先週の安値水準でいったん支持されているが、下値警戒感が強い。

 ユーロ円は135.59円付近まで上昇後、134.75円付近まで軟化。その他のクロス円も一時的に強含んだ後に軟化。ポンド円は158.74円付近、豪ドル円は89.37円付近まで水準を切り下げた。

MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC