米30年債入札受け、米10年債利回りは急上昇=NY債券概況

債券 

米国債利回り(NY時間16:38)
2年債   0.251(+0.024)
10年債  1.417(+0.052)
30年債  2.046(+0.049)
期待インフレ率  2.377(+0.042)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で10年債利回りは横ばい。午後に発表になった米30年債入札結果で応札倍率が前回から低下し、最高落札利回りは2.000%と発行日前利回り(WI)を上回ったことから、米国債利回りは上昇の反応を示した。

 この日発表の6月の米消費者物価指数(CPI)は強い内容となったものの、数字の割に反応は鈍い印象もあった。市場からは今後ベース効果が沈静化し、中古車やトラック価格上昇も緩和されることから、夏にかけてインフレの伸びは鈍化し、秋にはさらに急速に鈍化する可能性があるとの声も複数聞かれる。一方、現在の需給不均衡が徐々に解消されるまでは上昇自体は続くとも指摘。今回の数字は上向きのインフレ・スパイラルの始まりではないというFRBの見解を共有するが、2022年までインフレは2%上回る水準が続くことが予想されるという。

 米10年債は1.41%まで上昇したほか、30年債は2.06%まで一時上昇。

 2-10年債の利回り格差は+116(前営業日+114)に拡大。

米30年債入札結果
最高落札利回り 2.000%(WI:1.976%)
応札倍率    2.19倍(前回:2.29倍)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標