米2年債は一時0.28%台、2020年4月以来の水準に=NY債券概況

債券 

米2年債は一時0.28%台、2020年4月以来の水準に=NY債券概況

 セントルイス連銀のブラード総裁発言を受けて、市場では早期の利上げ期待が広がる展開に。政策金利変更の影響が大きく出る2年債利回りは、発言前の0.21%前後から一気に0.28%台まで上昇する場面が見られた。2020年4月以来の高い水準に。その後は少し調整が入ったが、NY午後も0.27%台を付ける場面が見られるなど、利回りの上昇傾向が続いた。

 ハト派で知られるブラード総裁が2022年中の利上げに言及したことがかなりのサプライズに。現状では18名のFOMCメンバー中、7名が2022年中の利上げを予想していた。

 10年債利回りは2年債の動きもあり、プラス圏を回復する動きが見られた。1.52%台まで上昇も、その後はマイナス圏に沈み、1.44%前後で引ける展開に。


米国債利回り(NY時間16:45)
2年債   0.250(+0.041)
10年債  1.440(-0.064)
30年債  2.015(-0.077)
期待インフレ率  2.242(-0.052)
※期待インフレ率は10年債で算出

各国10年債
ドイツ  -0.200(-0.005)
英 国  0.752(-0.024)
カナダ  1.366(-0.028)
豪 州  1.597(-0.047)
日 本  0.059(-0.004)


MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標