【これからの見通し】リスク警戒感の台頭に注意、米タカ派転換や米中関係悪化などで

為替 

【これからの見通し】リスク警戒感の台頭に注意、米タカ派転換や米中関係悪化などで

 今週は米FOMCをめぐる動きが中心となっている。予想以上にFOMCメンバーの金利見通しが早期利上げに傾いたことを受けて、債券利回り急上昇、ドル高とともに株式市場が圧迫されている。加えて、G7では米国を軸として中国への対抗姿勢が強まっている。足元では米連邦通信委員会が17日に、ファーウェイなど中国企業5社の製品の禁止を提案したとも報じられている。週末のタイミングでもあり、市場に調整の動きが広がりやすく注意が必要となりそうだ。

 為替市場ではドル高と円高が共存している。ドル円は110円台前半に反落しており、米FOMC後の上昇を戻しつつある。その他主要通貨はドル高圧力に押されており、クロス円も軟調だ。ドル指数は4月以降の下降トレンドから完全に反転しており、今日は4月13日以来の高水準になっている。しばらくは、ドル高と円高の進行の落ち着きどころを探る展開となりそうだ。

 この後の海外市場で発表される経済指標は、ユーロ圏経常収支(4月)が予定されている程度で手掛かり難。日銀の黒田総裁の会見が行われているほかは、目ぼしい金融当局者の講演イベントは予定されていない。インタビューや観測報道などに気を付ける必要がありそうだ。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

SBIFXトレード 39

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.79 銭(原則固定・例外あり)

外為どっとコム 39

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.6 銭(原則固定・例外あり)

ヒロセ通商 35

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.4〜0.6 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 1.0 銭(原則固定・例外あり)

※スプレッド調査日:8月24日
外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年9月4日午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

FX口座 スプレッド比較

トライオートFX 40

ドル円 9
豪ドル円 1
トルコリラ円 52

LIGHTFX 38

ドル円 5
豪ドル円 0
トルコリラ円 43

ヒロセ通商 36

ドル円 2
豪ドル円 1
トルコリラ円 43
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標