東京株式(大引け)=288円高と大幅に3日続伸、円安進行も追い風に

株式 

 3日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に3日続伸。為替の円安進行も追い風となり、旺盛な買いが継続した。

 大引けの日経平均株価は前日比288円15銭高の2万2613円76銭。東証1部の売買高概算は15億5248万株。売買代金概算は2兆7736億2000万円となった。値上がり銘柄数は1177と全体の約54%、値下がり銘柄数は896、変わらずは96銘柄だった。

 2日の米株式市場では、経済回復への期待からNYダウが上昇した。また、為替も1ドル=108円60銭前後と大幅な円安となった。これを受け、日経平均株価も買い先行の展開となり、一時前日比500円近い上昇で2万2800円台に乗せる場面があった。ただ、買い一巡後は上昇幅が縮小した。中小型株の一角には利益確定売りが流入し、日経ジャスダック平均は14日ぶりに反落した。

 個別銘柄ではファーストリテイリング<9983>や、ソニー<6758>、任天堂<7974>が高く、トヨタ自動車<7203>や日産自動車<7201>など自動車株が値を上げた。キーエンス<6861>やファナック<6954>、SMC<6273>などファクトリーオートメーション(FA)関連の機械株も買われた。村田製作所<6981>やアドバンテスト<6857>も堅調だった。

 半面、ソフトバンクグループ<9984>や武田薬品工業<4502>が安く神戸物産<3038>、NEC<6701>が軟調。FRONTEO<2158>やサーバーワークス<4434>、エムスリー<2413>が値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標