悲観ムードが高まる中で、米重要統計の発表=外為どっとコム総研 神田卓也

悲観ムードが高まる中で、米重要統計の発表

【基調】
 方向感模索

【注目イベント】
 ・8/15 米7月小売売上高、米7月鉱工業生産
 ・8/15 米8月NY連銀製造業景況指数、米8月フィラデルフィア連銀製造業景況指数
 ・米長期金利、主要国株価
 
 
【本文】
昨日は、中国7月鉱工業生産が前年比で17年ぶりの水準に低下し、独4-6月期国内総生産(GDP)は3四半期ぶりに前期比マイナスに落ち込んだ。世界景気の後退(リセッション)に対する懸念が強まる中、米債市場では10年債利回りが2年債利回りを下回る「逆イールド」が発生。米株式市場ではNYダウ平均が800ドル値下がりした。為替市場ではリスク回避の円買い圧力が高まり、ドル/円は105円台に押し戻された。

市場に悲観ムードが広がる中、本日のNYタイムに発表される米7月小売売上高や米7月鉱工業生産の結果が注目されそうだ。市場予想は、それぞれ+0.3%、+0.1%(いずれも前月比)となっており、米国経済の底堅さを示すと見られている。仮に、そうした予想に反してこれらの指標が悪化すれば、悲観ムードがさらに強まりかねないだけに結果を見極めたいところだ。特に、小売売上高は米国内総生産(GDP)の7割を占める個人消費に絡む重要統計であり、変動の大きい自動車を除いた数値(予想:前月比+0.4%)など、サブ項目への注目度も高い。重要統計であるがゆえに、予想以上の好結果なら米国債の「逆イールド」が解消するきっかけになる可能性もある。なお、本日はNY連銀とフィラデルフィア連銀が取りまとめる8月製造業景況指数の発表も予定されている。市場の不安や懸念を緩和するのか、あるいは増幅してしまうのか、一連の米経済指標に注目したい。

神田卓也

神田卓也|株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役調査部長

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 証券株式会社を経て、1991年㈱メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年同社入社。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 18
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

トレイダーズ証券 21

ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 22
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 10
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
トレイダーズ証券 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標