DMM FXの通貨ペア一覧

ページ更新日:

スプレッドとスワップ一覧表

通貨名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

米ドル/円

0.2 6 -9 10,000

ユーロ/円

0.5 -13 10 10,000

ユーロ/米ドル

0.4pips -22 19 10,000

英ポンド/円

1.0 7 -10 10,000

英ポンド/米ドル

1.0pips -4 1 10,000

豪ドル/円

0.7 1 -4 10,000

豪ドル/米ドル

0.9pips -6 3 10,000

英ポンド/豪ドル

1.6pips 3 -6 10,000

NZドル/円

1.2 3 -6 10,000

NZドル/米ドル

1.6pips -3 0 10,000

ユーロ/英ポンド

1.0pips -21 18 10,000

ユーロ/豪ドル

1.5pips -19 16 10,000

カナダドル/円

0.7 4 -7 10,000

南アフリカランド/円

1.0 80 -110 10,000

メキシコペソ/円

0.2 50 -80 10,000

米ドル/スイスフラン

1.6pips 21 -24 10,000

スイスフラン/円

1.8 -18 15 10,000

米ドル/カナダドル

1.8pips -4 1 10,000

英ポンド/スイスフラン

2.8pips 32 -35 10,000

ユーロ/スイスフラン

1.8pips 4 -7 10,000

ユーロ/NZドル

3.5pips -21 18 10,000

※スプレッド調査日:2021年08月24日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。なお、原則固定対象外、または非公開の場合は「非公開」という表記になっています。※スワップ調査日:2021年08月20日※スワップは過去14日間の1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の平均値を掲載しています。

よりスプレッドが狭い会社と比較する

DMM FXのスプレッドとスワップポイント特徴

狭いスプレッドはもちろん、取引応援ポイントで取引量が多ければ多いほどお得に!

ドル円を0.2銭と、これまでの調査においてほぼすべての期間のスプレッドが業界最狭水準のDMMFX。強制ロスカットの手数料も無料です。取引高に応じてポイントが溜まる『取引応援ポイント』は3つのランクに分かれており、取引を行えば行うほど多くのポイントがもらえます。ポイントを交換して取引に利用する事もできます

スワップポイントの変動が小さく予測が立てやすい

買いスワップと売りスワップの差額が小さく、スワップによって利益を出しやすく損失を出しにくいという特徴があります。低金利通貨のスワップポイントも変動が少ないので利益の見通しを立てやすい点も特徴です。米ドル円などのメジャー通貨では支払い側になった際のスワップポイントは低く抑えられているため比較的取引コストも抑えられそうだと言えるでしょう

DMM FXと他社のスプレッド比較

通貨名 DMM FXスプレッド 最狭スプレッド

米ドル/円

0.2 0.0
マネーパートナーズ(PFX/nano)

ユーロ/円

0.5 0.2
みんなのFX

ユーロ/米ドル

0.4pips 0.3pips
トライオートFX

英ポンド/円

1.0 0.5
みんなのFX

英ポンド/米ドル

1.0pips 0.5pips
SBIFXトレード

豪ドル/円

0.7 0.3
みんなのFX

豪ドル/米ドル

0.9pips 0.38pips
SBIFXトレード

英ポンド/豪ドル

1.6pips 1.4pips
ヒロセ通商

NZドル/円

1.2 0.8
ヒロセ通商

NZドル/米ドル

1.6pips 1.0pips
ヒロセ通商

ユーロ/英ポンド

1.0pips 0.8pips
ヒロセ通商

ユーロ/豪ドル

1.5pips 1.4pips
ヒロセ通商

カナダドル/円

0.7 -

南アフリカランド/円

1.0 0.3
みんなのFX

メキシコペソ/円

0.2 0.18
SBIFXトレード

米ドル/スイスフラン

1.6pips 1.49pips
SBIFXトレード

スイスフラン/円

1.8 1.6
ヒロセ通商

米ドル/カナダドル

1.8pips 1.49pips
SBIFXトレード

英ポンド/スイスフラン

2.8pips 2.6pips
ヒロセ通商

ユーロ/スイスフラン

1.8pips 1.6pips
ヒロセ通商

ユーロ/NZドル

3.5pips 2.9pips
ヒロセ通商

※スプレッド調査日:2021年08月24日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。なお、原則固定対象外、または非公開の場合は「非公開」という表記になっています。※表示されているのはマネーパートナーズFXnanoのスプレッドです。またスプレッドは参考値となっており、キャンペーンスプレッドを含んでおります。キャンペーンの詳細は、マネーパートナーズのホームページをご確認ください。※SBIFXのスプレッドは、1000通貨までが原則固定(例外あり)となっています。また、SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。


Top