トルコリラでスワップを狙う際のポイント新興国ならではのリスクを理解しよう

トルコリラスワップ画像

金利を狙う取引には世界的にやや逆風が吹いています。かつては高金利通貨の代名詞であった豪ドル、NZドルは2019年に入って2年超ぶりの利下げを実施。さらに米ドルも年内の利下げが見込まれております。

そんな中、トルコリラの政策金利は実に24.00%!先進国ではありえない高金利を依然として誇り、スワップの期待が大きい通貨として改めて注目を集めています。

記事更新日:

トルコリラ円の買スワップ TOP5

会社名 買スワップ リンク
インヴァスト証券トライオートFXのロゴ トライオートFX 52円/日 (18,980円/1年) 詳しく
ヒロセ通商LIONFXのロゴ ヒロセ通商 44円/日 (16,060円/1年) 詳しく
トレイダーズ証券みんなのFXのロゴ みんなのFX 41円/日 (14,965円/1年) 詳しく
SBIFXトレードのロゴ SBIFXトレード 41円/日 (14,965円/1年) 詳しく
外為どっとコム外貨ネクストネオのロゴ 外為どっとコム 40円/日 (14,600円/1年) 詳しく

※スワップ調査日:2021年04月19日※スワップは過去14日間の1万通貨あたりの平均値を掲載しています。

スワップポイントとは

スワップとは、金利の異なる通貨を取引した際に発生する金利差額のことです。スワップポイントと言う場合もありますが、同じ意味です。日本の金利は世界的に低い方なため、金利の高い通貨を買うことで差額の利益が発生します。逆に、金利の高い通貨を売った際や日本より金利の低い通貨を買った際は支払いが発生するので注意が必要です。

スワップが発生するタイミング

スワップは、日をまたいでポジションを保有すると発生します。FX会社では、日付の変更処理を行う取引休憩時間中にロールオーバーという処理を行っており、この処理時にスワップが発生します。そのためデイトレードでポジションを決済した場合は発生しません。発生したスワップは損益や含み損益に自動で加算されます。

スワップは業者ごとに異なる

実際に発生するスワップは、単純に政策金利から算出した利率ではありません。FX会社はそれぞれレートを配信してもらう業者(カバー先)がバックにいます。この業者との話し合いによって金利が決まり、それに為替変動などを加味して計算しています。そのためFX会社によってスワップに差が生じます。スワップ狙いでFXを始める際は、口座開設を検討している会社がスワップに力を入れているのかどうかチェックしましょう。

トルコリラの金利はなぜ高いのか

トルコリラはなぜそこまで金利が高いのでしょうか。これはトルコの高いインフレ率に理由があります。

トルコの物価水準(消費者物価指数前年比)は直近今年5月時点で18.71%。昨年10月には25%を超えるような状況も見られました。

トルコの消費者物価指数(前年比)

トルコの消費者物価指数(前年比)

さすがにこれだけインフレが進むと国民生活も大変になりますので、トルコ中銀はインフレを抑えるべく、2018年5月から同年9月までの5ヶ月間に、それまでの8.00%から今の24%まで金利を大きく引き上げたのです。

企業の借り入れなどに影響が出るため、エルドアン大統領は再三にわたって金利を引き下げるように申し入れていますが、トルコ中銀は一歩も引く様子を見せていません。

トルコ中銀政策金利

トルコ中銀政策金利

トルコリラのリスクは?

トルコとアメリカ

金利水準だけをみると世界中からお金が集まりそうですが、そうはなっていません。その理由は高金利ならではのリスクもあるからです。

トルコリラの取引シェアは1.4%(流動性リスク)

一つ目は流動性リスク。ドルや円といった主要通貨に比べて、トルコリラの流通量は外国為替市場の中でかなり少ないです。

2016年に国際決済銀行(BIS)が調査した銀行間での通貨の取引シェアをみると、米ドルが87.6%なのに対してトルコリラは1.4%です。流動性が低いと、何か大きな材料が入ったときに相場が急騰急落するリスクがあります。

2018年8月に米国とトルコの関係悪化が生じたことでリラの大量売りが入ったときには、一日でドルに対して20%もリラ安が進みました。

エルドアン大統領の絶対的権力(政治リスク)

もう一つは政治リスク。新興国は国のトップによる判断が通貨に与える影響が大きいことがよくあります。トルコの場合はエルドアン大統領が絶対的な権力を握っています。

エルドアン大統領は、米国との対立姿勢が見られることや、政策金利を下げれば物価が下がるなど、経済的に一般的ではない考え方を持っていること(経済学的には真逆だと考えられています)が、リスクと考えられています。展開次第で投資資金がトルコから一気に引きあげる可能性があることも視野に入れましょう。

トルコリラ投資のポイント

リラのスワップが積み上がるイメージ

リスクがあるとはいえ、他に類を見ない金利の高さは大きな魅力です。投資を行う場合どのようなことを心がければいいでしょうか。ポイントは二つあります。

レバレッジを抑えてじっくりと持つ

一つ目は、レバレッジをかけすぎないことです。高金利通貨でスワップ収益を狙うには、一にも二にも長期で買いポジションを維持することが重要です。

政策金利=スワップポイントではありませんが、24%で考えた場合、極端な話レバレッジ1倍で1年間持ち続ければ、リラ円が24%下がってもプラスになります。例えば1リラ18円の時に1万リラ買って、1年間24%の金利を受け取ることが出来れば、1年後に1リラ15円になってもトータルはプラスです。

強制ロスカットに合わないようにレバレッジを抑えてじっくりと持つことが重要です。

ストップロス注文で急落に備える

二つ目は、不慮の事態に備えることです。

長期に持ち続ければいいといっても、トルコショックほどの急落が起きると、値動きによる損失が大きくなりすぎます。24時間相場を見続けることは出来ませんから、ストップロス注文をうまく利用してリラが急落したときに損を限定しましょう。落ち着けばまた入りなおせばいいのです。チャートなどで通常時の値動きの幅を確認し、余裕をもってストップロス注文を置き、相場の変動に合わせて注文水準を調整します。

トルコリラ投資のチャンスは今なのか

今はチャンスであり、リスクでもあるタイミングです。

トルコリラ円の月足チャート

トルコリラ円の月足チャート

ここ数年でリラ円は十分に値を下げてきました。2014年12月の54円台から今年5月の18円台までの下降トレンドでみると、実に1/3です。

昨年8月のトルコショックで急落した後、一旦は値を戻しましたが、今年の5月までかけてまた下落しています。ですか、トルコショック時の安値15円からはまだ余裕があり、一本調子の下げ基調は一服しています。

そもそもスワップ狙いの場合、値上がりを狙う必要はありません。横ばいでスワップを受け取り続けられれば十分です。もし下がってしまっても、スワップポイントでの収益でカバーできる程度の下げなら問題ないということを考えると、かなり下げてきた現状はチャンスというとらえ方が出来ます。

とはいえ、対米関係はかなり深刻です。本気で揉めると昨年8月のショックどころではないリラ安になる可能性がありますので、リスクも大きいことを意識することが重要です。

トルコリラ円を取り扱ってるFX会社

スワップ取引で注目を浴びているトルコリラですが、新興国通貨ということもあり取り扱っていないFX会社もあります。トルコリラの取引をしたい場合は口座開設を検討しているFX会社が「トルコリラを取り扱っているか」「トルコリラのスワップに力を入れているか」の2点をチェックしましょう。

トルコリラ円のスワップが最も高いFX会社は?

第1位 トライオートFX

トライオートFXのイメージ画像

評価コメント

突出した高いスワップポイントではありませんが、スマホアプリが使いやすいと評判で、自動売買を用いてトルコリラ円や南アランド、スイスフラン円なども取引が可能です。新興国通貨狙いの方から人気を博しているポイントがあります。

トルコリラ円 取引情報

スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位
1.5 52 -77 1,000通貨

※スプレッド調査日:2021年04月12日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。

トライオートFXを詳しくみる

各社のトルコリラ円スワップ比較表

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

インヴァスト証券

 トライオートFX

1.5 52 -77 1,000通貨

ヒロセ通商

 LIONFX

1.6〜9.3 44 -74 1,000通貨

トレイダーズ証券

 みんなのFX

1.6 41 -41 1,000通貨

SBIFXトレード

1.48〜8.8 41 -54 1通貨

外為どっとコム

 外貨ネクストネオ

1.7 40 -75 1,000通貨

FXプライムbyGMO

4.8 40 -48 1,000通貨

GMOクリック証券

 FXネオ

1.7 38 -41 10,000通貨

外為オンライン

6.0 35 -78 1,000通貨

マネーパートナーズ

 パートナーズFXnano

1.5 5 -96 100通貨

※スワップ調査日:2021年04月19日※スワップは過去14日間の1万通貨あたりの平均値を掲載しています。※スプレッド調査日:2021年04月12日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。※マネーパートナーズのスプレッドは参考値となっており、実際の値と相違が生じる場合がございます。※また、FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。※SBIFXのスプレッドは、1000通貨までが原則固定(例外あり)となっています。また、SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。※GMOクリック証券のトルコリラ円のスプレッドは原則固定対象外になっているのでご注意ください。※外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2021年5月29日午前1時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「16時〜25時の間」となりますのでご注意ください。また、トルコリラ/円、米ドル/トルコリラ、ユーロ/トルコリラは原則固定スプレッドの適用対象外です。


Top