FX比較 スマホ版はこちらから

みんなの外為 FX会社を紹介

口座の開設ガイド

FXとは?

FXとは、Foreign eXchangeの略称。
2国間の通貨を売買して、利益を出す為替取引です。
日本では外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とも言います。

証券会社に証拠金とよばれる担保金を預けてることで、それ以上の大きな金額の外国為替を取引できます。

例えば…

「1ドル=100円」のときに10万円で1,000ドル買います。
円安で「1ドル=110円」になったら、手持ちの1,000ドルは11万円に交換できるので、1万円得をします。
逆に円高で「1ドル=90円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万円になり、1万円損をします。
このように異なる2国間の通貨を取引して、為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。各通貨の値動きを予測して稼ぎます。

口座選びのポイント

FXをやってみたい、と思ったときに、まず初めに必要なのはFX取引口座を開設することです。
FX取引口座は、各FX会社の公式HPにて開設できます。とはいえ、FXを始めたいという時、たくさんあるFX会社からどう選んでいいか、すぐにピンと来る方は少ないのではないかと思います。

まずはスプレッド(手数料)を押さえる!

SBIFXTRADEのレート表示。BIDとASKでわずかに違いがあり、そこがスプレッドと呼ばれる取引コスト。SBIFXTRADEはかなり狭い会社。(2014年7月現在)

FX会社を選ぶときに、まず押さえておきたいポイントは、手数料に相当する「スプレッド」の幅です。
FXでは、売りの価格(BID)と買いの価格(ASK)がイコールでなく、必ず少し差があります。この差の部分がスプレッドで、トレーダーの支払う取引コストになります。最近のFX会社では手数料は無料の会社が多いので、実質、スプレッド=手数料とも考えられるのです。
また、このスプレッドの幅はFX会社が独自に定めているため、各社で異なります。より有利な取引を行えるように、しっかりチェックしてFX会社を選びましょう。

最狭スプレッドの会社はこちら(FX比較)

金利差でも儲けられる!スワップポイントも要チェック

FXでは、売買差益で儲けを出す他に、スワップポイントでじっくりと儲けを出していく投資法もあります。
日本の金利が0.1%でオーストラリアの金利が5.0%のときに、オーストラリアドル(豪ドル)を買ったとします。
2国間の金利差は「5.0%-0.1%=4.9%」ですので、豪ドルを保有中はずっと4.9%もの金利が貰えます。
この2国間の金利差を「スワップポイント」と呼び、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。また、スワップポイントはその性質上「スワップ金利」とも呼ばれています。
スワップポイントは毎日支払われるので、スワップポイントの利益のみを狙うスワップ派の人も多いです。
例えば、2013年2月時点で豪ドルを90万円ほど買えば、1日に約80円もの金利が受け取れます。これは1年間で29,200円にもなります。
このスワップポイントもスプレッドと同様に各社で異なり、また変動も激しくなっています。
より高いスワップポイントの会社で口座を開設するとともに、開設後もこまめに各社の動向を確認することをおすすめします。
最新の各社のスワップポイント比較表はこちら(FX比較)

儲けるための一手間!いろいろな視点で比較して、自分にあったFX会社を選ぶ

最近ではFX会社のスマートフォン対応も進み、最初の開設手続きをはじめ、使い勝手の良いアプリの提供、入出金から取引まですべてスマートフォンで完結できるFX会社も増えてきています。かといって、まだまだPC専用の取引ツールのみでトレードをしているプロトレーダーも少なくないのが現状。
スマートフォン特化かPC取引ツールの充実か、はたまた初心者に優しい情報の充実か。
各社の特色を掴んで、自分の生活とトレードのスタイルにあったFX会社を選ぶことが、開設後のトレードの質を高めることに繋がります。
また、一人一つのFX会社と決まっているわけではないので、スワップ取引用口座、情報を得るための口座、とFX会社ごとに使い分けるのも賢い方法の一つです。
FXスマートフォン(スマホ)アプリ比較 FX情報(ニュース)比較 FX取引ツール比較 FX取扱商品比較

口座の開設に必要なもの

いざ開設しよう!といっても、なんとなく何が必要なのか分からず難しく感じることはありませんか。
FXをはじめたいあなたに、まず必要なものをご説明させていただきます。

FXは最低10万円もあれば取引可能

必要額はFX会社ごとに設定された証拠金によって変わるため、海外FX業者などを利用すれば1000円でも取引が可能です。ただ、レバレッジが高くなりリスクも高くなるため、初心者の方は10万円以上の余裕資金での取引をおすすめします。

口座の開設に必要な3つ

大抵のFX会社では、下記の3つを求められます。
年収や金融資産額が潤沢にないと審査に落ちる、経験がない人間は審査がきびしい、というようなことはありません。アンケートのようなものと考えて、素直な状況を記入しましょう。

手続き方法は書類はもちろん、WEBですべて完了できるFX会社も多くあります。
身分証明書の送付も、必要書類の写真画像をアップデートすれば審査をしてくれる形式の会社もあり大変便利です。
ご自身に抵抗さえなければ、思い立ったその場ですべて手続きが完了するので、かかる時間と手間が削減されるおすすめの方法です。
また、身分証明書送付は大抵郵送も可能になっているので、写真をアップロードするのは不安という人も、安心して手続きができます。

各社のワンポイント評価

参考に、みんなの外為の『為替王子』こと川島が各社の特徴を動画でご紹介します。
ぜひあなたの生活スタイルを照らし合わせて、ベストな会社選びにお役立て下さい!

GMOクリック証券

GMOクリック証券
GMOクリック証券の開設ガイド
特徴 FX取引高世界第1位!スプレッド・スワップポイントを含めた総合力の高さが魅力。
スマホ対応 トレードスマホアプリ有。
スマホで即時入金可能。
WEBサイトもスマホ対応済。
申込から取引
可能になるま
での最短日数
3日程度
口座開設はコチラ

YJFX!(ワイジェイFX)

YJFX!(ワイジェイFX)
YJFX!(ワイジェイFX)の開設ガイド
特徴 抜群に使いやすいスマホアプリと、高めのスワップ金利が魅力。ヤフーグループで会社の信頼性も高い。
スマホ対応 トレードスマホアプリ有。
スマホで即時入金・出金可能。
WEBサイトもスマホ対応済。
申込から取引
可能になるま
での最短日数
3日程度
口座開設はコチラ

外為オンライン

外為オンライン
外為オンラインの開設ガイド
特徴 情報量と、ツールに魅力あり。PCをメインに使う初心者さんにおすすめ。スプレッドは比較的広いので、長期保有向き。
スマホ対応 トレードスマホアプリ有
申込から取引
可能になるま
での最短日数
3日程度
口座開設はコチラ


トップへもどる