セントラル短資FXの通貨ペア一覧

ページ更新日:

スプレッドとスワップ一覧表

通貨名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

米ドル/円

0.1 3 -79 1,000

ユーロ/円

0.4 -10 -20 1,000

ユーロ/米ドル

0.3pips -22 0 1,000

英ポンド/円

0.8 9 -9 1,000

英ポンド/米ドル

0.6pips 0 0 1,000

豪ドル/円

0.4 -5 -55 1,000

豪ドル/米ドル

非公開 -6 -11 1,000

英ポンド/豪ドル

非公開 0 -12 1,000

NZドル/円

0.9 0 -15 1,000

NZドル/米ドル

非公開 0 0 1,000

ユーロ/英ポンド

非公開 -23 22 1,000

ユーロ/豪ドル

非公開 -16 4 1,000

カナダドル/円

0.9 0 -9 1,000

南アフリカランド/円

0.9 80 -120 1,000

トルコリラ/円

非公開 10 -40 1,000

メキシコペソ/円

0.2 62 -162 1,000

米ドル/スイスフラン

非公開 30 -31 1,000

スイスフラン/円

非公開 -20 10 1,000

米ドル/カナダドル

非公開 -7 -12 1,000

豪ドル/NZドル

非公開 0 0 1,000

英ポンド/スイスフラン

非公開 12 -31 1,000

ユーロ/スイスフラン

非公開 0 -19 1,000

豪ドル/スイスフラン

非公開 6 -25 1,000

中国人民元/円

非公開 7 -22 1,000

NZドル/スイスフラン

非公開 6 -25 1,000

※スプレッド調査日:2021年11月29日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。なお、原則固定対象外、または非公開の場合は「非公開」という表記になっています。※スワップ調査日:2021年11月15日※スワップは過去14日間の1万通貨あたり(南アフリカランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨)の平均値を掲載しています。

よりスプレッドが狭い会社と比較する

セントラル短資FXのスプレッドとスワップポイント特徴

スプレッドが業界最狭水準!米ドル円では「0.1銭」、メジャー通貨の取引に重宝

米ドル円やポンド円など、人気のメジャー通貨のスプレッドを最狭水準で提供しているセントラル短資FX。常時米ドル円のスプレッドを業界最狭の「0.1銭」に設定しており、取引コストをかなり抑えられます。スプレッドの高くなりがちなマイナー通貨メキシコペソ円でも「0.2銭」が提示されていて、取引回数が多くなるデイトレーダーや、より短い期間で様々な通貨を売買をするトレーダーの方に特におすすめです。

高金利通貨のスプレッドとスワップポイントに強いFX会社

米ドル円やポンドドルなどの低金利通貨の同士スワップポイントの額は他社と比べて高くはないですが、南アフリカランド円のスワップポイントは高水準にあります。

セントラル短資FXと他社のスプレッド比較

通貨名 セントラル短資FXスプレッド 最狭スプレッド

米ドル/円

0.1 0.0
マネーパートナーズFX

ユーロ/円

0.4 0.2
みんなのFX

ユーロ/米ドル

0.3pips -

英ポンド/円

0.8 0.4
マネーパートナーズFX

英ポンド/米ドル

0.6pips 0.5pips
SBIFXトレード

豪ドル/円

0.4 0.2
マネーパートナーズFX

NZドル/円

0.9 0.8
ヒロセ通商

カナダドル/円

0.9 0.7
DMM FX

南アフリカランド/円

0.9 0.3
みんなのFX

メキシコペソ/円

0.2 0.18
SBIFXトレード

※スプレッド調査日:2021年11月29日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。なお、原則固定対象外、または非公開の場合は「非公開」という表記になっています。※表示されているのはマネーパートナーズFXnanoのスプレッドです。またスプレッドは参考値となっており、キャンペーンスプレッドを含んでおります。キャンペーンの詳細は、マネーパートナーズのホームページをご確認ください。※SBIFXのスプレッドは、1000通貨までが原則固定(例外あり)となっています。また、SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。


Top