広告を非表示にする
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

米10年債利回り低下 FOMC委員の発言を受けて2年債利回りが急低下=NY債券概況

債券 

米国債利回り(NY時間16:27)
2年債   4.747(-0.141)
10年債  4.330(-0.056)
30年債  4.511(-0.026)
期待インフレ率  2.236(+0.007)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で10年債利回りは低下。この日の複数のFOMC委員の発言を受けて米国債利回りは低下した。ボウマンFRB理事は若干タカ派な雰囲気を見せていたもの、ウォラーFRB理事やグルーズビー・シカゴ連銀総裁はインフレの進展を強調し、追加利上げに消極的な雰囲気を醸し出していた。市場が期待している利下げには言及していないが、アナリストからは「市場は来年の利下げに前向きと解釈している」と指摘も出ていた。

 なお、本日は7年債入札が実施され、最高落札利回りが発行日前利回り(WI)を上回ったことで、利回りは下げ幅を縮小する場面も見られていた。

 特に政策金利に敏感な2年債が急低下したほか、10年債も4.33%台まで低下。

 2-10年債の利回り格差は-41(前営業日:-50)と逆イールドは再び大幅に縮小している。

*米7年債入札結果
最高落札利回り 4.399%(WI:4.378)
応札倍率    2.44倍(前回:2.70倍)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます