エンドーが大幅安 「CCH」の臨床試験でプラセボ群との有意差が認められず=米国株個別

株式 

 医薬品のエンドー・インターナショナル<ENDP>が大幅安。同社の「コラゲナーゼ・クロストリジウム・ヒストリチクム(CCH)」の五十肩患者を対象とした臨床試験(第2フェーズ)で、プラセボ群との間に統計的な有意差が認められなかったと発表した。

 同社は、「今回の結果は残念なものであり、このデータに基づいて、肩の癒着性関節包炎の治療薬としての今後の展開について再検討することになる」と述べた。

(NY時間10:29)
エンドー<ENDP> 0.40(-0.07 -14.67%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC