【本日の見通し】リスク警戒継続も米国勢は様子見ムードも

為替 

【本日の見通し】リスク警戒継続も米国勢は様子見ムードも

 リスク警戒の動きが広がっている。
米国のリセッション懸念を意識する動きが強い。
今晩の米ISM製造業景気指数次第ではこうした警戒感がさらに増す可能性も。

 ただ、月曜日は米国市場が休場(独立記念日)。
本日も債券市場が短縮取引になるなど、休み前の雰囲気が広がっており
様子見ムードが強まる可能性も。

 ドル円は135円台後半から136円台前半にかけてのレンジを中心とした推移か。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC