午前中に値を落としたドル円、その後もみ合い=東京為替概況

今日の為替 

午前中に値を落としたドル円、その後もみ合い=東京為替概況

 昨日の海外市場で米株高などもあってロンドン序盤の下げ分に対する買い戻しが入ったドル円。127円台前半でのスタートから東京午前に売りが出る形で126円60銭台まで。米債利回りがやや低下しドル高の調整を誘った形。27000円に迫った日経平均が上げ渋りを見せたことも調整につながった。

 もっとも昼前に安値を付けた後、午後はもみ合いに転じた。買い戻しがやや優勢も126円90銭前後までと上値も重い展開に。

 ドル安の流れが強まる中で朝の1.0730前後から1.0760台を付けたユーロドルも、午後はもみ合いに転じた。1.0755前後でほぼ膠着した後、ロンドン勢の本格参加で1.0745前後に少し下げている。

 ユーロ円は136円30銭前後での推移、午前の動きはドル主導で、クロス円は振幅を見せるも方向感の無い動き。午後もレンジ取引に終始。

MINKABU PRESS 山岡和雅

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC