東京株式(前引け)=大幅続伸、オミクロン株への過度な懸念後退

株式 

 8日前引けの日経平均株価は前営業日比318円45銭高の2万8774円05銭と続伸。前場の東証1部の売買高概算は5億9788万株、売買代金概算は1兆5521億円。値上がり銘柄数は1199、対して値下がり銘柄数は844、変わらずは139銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は主力株を中心に幅広く買いが入り、日経平均株価は大幅続伸した。前日の欧米株市場が総じて大幅高に買われたことを受け、リスクを取る動きが活発化している。新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株の感染が拡大するなかも、重症化リスクが低いとの見方が強まり、経済へのマイナスの影響は限られるとの見方が全体強気の地合いを後押ししている。米株価指数先物が堅調な値動きを示していることも買い安心感につながっているようだ。ただ、値上がり銘柄数は全体の55%にとどまっており、前日のような全面高の様相とはなっていない。

 個別では売買代金トップのソフトバンクグループ<9984>が売り買い拮抗となったが、レーザーテック<6920>や東京エレクトロン<8035>などの半導体製造装置大手は買いが優勢。任天堂<7974>も高い。ソニーグループ<6758>、キーエンス<6861>なども上昇した。NCホールディングス<6236>が値上がり率トップに買われ、中外製薬<4519>も物色人気。半面、日本郵船<9101>、川崎汽船<9107>などが利食われ、トヨタ自動車<7203>、日立製作所<6501>なども冴えない。三井不動産<8801>も売られた。日本ハウスホールディングス<1873>が急落、ファーマフーズ<2929>も値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

マネーパートナーズFX 57

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.4 銭(原則固定・例外あり)

みんなのFX 48

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

SBIFXトレード 42

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.79 銭(原則固定・例外あり)

※スプレッド調査日:1月20日
外為どっとコムではスプレッド縮小キャンペーン(2022年2月5日午前3時まで)を行っています。キャンペーンスプレッドの提供時間は「9時〜27時の間」となりますのでご注意ください。

FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 47

ドル円 7
豪ドル円 1
トルコリラ円 25

みんなのFX 45

ドル円 7
豪ドル円 1
トルコリラ円 25

GMOクリック証券 44

ドル円 7
豪ドル円 2
トルコリラ円 26
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標