豪ドル軟調、量的緩和の延長決定などを受けて

為替 

 豪ドルは軟調地合いとなった。豪中銀金融政策理事会を受けて豪ドル円は80円35銭前後から80円10銭前後まで。豪中銀金融政策理事会では、4月中旬までとなっている現行の量的緩和(債券購入プログラム)について、現行規模のまま4月中旬以降新たに1000億豪ドル追加すると発表。週50億豪ドルペースのため、20週分の延長となる。期限までまだ期間があることもあり3月の理事会での延長と、それまでの状況を確認したうえでペースを引き下げて今後のテーパリングに向かう姿勢を示す可能性が指摘されていた。

AUDJPY 80.12

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC