バイデン大統領、レイFBI長官を留任させる意向

一般 

 バイデン大統領は、レイFBI長官を留任させる意向と伝わっている。レイ氏は2017年にトランプ前大統領によって長官に任命された。トランプ氏はレイ氏を繰り返し批判しており、水面下で何度も解任を探ったとされる。

 FBI長官の任期は10年で、レイ氏はあと約6年残っているが、最終的な人事権限は大統領にある。レイ氏を巡っては、先の連邦議会占拠事件を巡り、透明性を欠いているとして批判の声が上がっている。同氏はこれまで、FBIの事前準備や事件後の対応について公の場で説明していない。

 バイデン氏が後にレイ氏を解任する可能性はあるが、関係筋の一人はこれまでのところ、レイ氏とホワイトハウスのやりとりは前向きだと話している。

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC