【これからの見通し】利益確保の動き、米感謝祭休日ムード続く、週末調整も

為替 

【これからの見通し】利益確保の動き、米感謝祭休日ムード続く、週末調整も

週末にかけては調整の動きが続きそうだ。昨日の米感謝祭休日の続いて、きょうもブラックフライデーとなる。年末商戦のスタートとあってお祭りムードだ。ただ、新型コロナ感染拡大のもとで、店舗営業は自粛ムード。ネット通販への期待がかかるところ。ただ、その行方がどうなるかは不透明な面もあり、週末から週明けの販売実績を確認したいところだ。

 米株式市場では今週はダウ平均が3万ドルの大台を達成したこともあって、足元は利益確保の動きが優勢となりそうだ。きょうは米感謝祭翌日で米株式・債券市場は短縮取引となる。ロンドン午前の取引が一巡したあとは、模様眺めムードが広がることが予想される。

 この後の海外市場で発表される経済指標は、フランスGDP・確報値(第3四半期)、ユーロ圏消費者信頼感・確報値(11月)、ユーロ圏景況感(11月)、インドGDP(第3四半期)、ブラジル失業率(9月)など。NY時間には目立った経済統計発表は予定されていない。

 発言イベント関連は、パネッタECB理事、シュナーベルECB理事の講演やイベント参加が欧州時間午前に予定されている程度。NY時間はきょうも休日モードとなりそうだ。
 
minkabu PRESS編集部 松木秀明

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標