このあと米消費者信頼感指数 新型ウイルス感染で大幅低下が見込まれる=NY為替

為替 

 NY時間に入ってドル円は戻り売りが出ており、ドル円は108円台前半まで押し戻されている。このあと日本時間23時に3月のコンファレンスボード米消費者信頼感指数の発表が予定されている。予想は110.0と前回から大幅低下が見込まれている。先週発表された3月のミシガン大消費者信頼感指数確報値は2008年10月以来の大幅な落ち込みとなった。新型ウイルス感染拡大や、それに伴う操業停止、外出抑制措置などを背景に、米消費者は、雇用など先行きに対する不安感を高めているようだ。

 なお、ミシガン大指数は前回2月分から11.8%低下したが、コンファレンスボード消費者信頼感指数はそれ以上の落ち込みを見込んでいる模様。

コンファレンスボード消費者信頼感指数(3月)23:00
予想 110.0 前回 130.7

USD/JPY 108.15

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標