【海外市場の注目ポイント】サンダース英MPC委員の講演など

為替 

 日本時間午後5時40分にサンダース英金融政策委員会(MPC)委員が講演を行う。サンダース委員は、昨年12月のMPCで0.25%の利下げを主張していた。年明け以降、カーニー英中銀(BOE)総裁やテンレイロMPC委員が利下げの可能性に言及している。サンダース委員もあらためて利下げ支持を表明すれば、ポンドが売られる可能性がある。
 
 英国関連では、日本時間午後6時半に物価指標の発表も予定されている。12月の英消費者物価指数は、総合の大方の予想が前年比1.5%上昇、コアの大方の予想が同1.7%上昇となっており、総合、コアとも、前年比の伸びがそれぞれ前月の1.5%上昇、1.7%上昇から変わらないとみられている。
 
 米国関連では、日本時間16日未明に米中通商協議の第1段階合意の署名式が行われる予定になっている。それを前にして、ムニューシン米財務長官は、「米中通商協議の第2段階の合意が得られるまで対中関税は継続する」と述べている。
 
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC