デルタ航空が決算好感し上昇 米国内の強い需要と燃料価格低下が奏功=米国株個別

株式 

 デルタ航空が上昇。10-12月期決算を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。米国内の需要が強い一方で、燃料価格が低下したほか、ブラジル航空会社の株式売却による特別利益が貢献した。

 同社のプレジデントのハウエンシュタイン氏は声明で「需要のトレンドは底堅く、2020年もその勢いが持続し、1-3月期の売上高は5%~7%の増加を見込んでいる」と述べた。

(10-12月・第4四半期)
・1株利益(調整後):1.70ドル(予想:1.40ドル)
・売上高:114.4億ドル(予想:113.4億ドル)
・座席マイル当り売上高(RASM):2.4%
・有効座席マイル当り売上高(PRASM):1.6%
・有効座席マイル当り営業費用(CASM):4%

(1-3月・第1四半期見通し)
・売上高:5~7%
・座席マイル当り売上高(RASM):0~2%
・有効座席マイル当り営業費用(CASM):2~3%

(通期見通し)
・1株利益(調整後):6.75~7.75ドル(予想:7.17ドル)

(NY時間10:00)
デルタ航空 62.05(+2.56 +4.30%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC