“崩れない”が基本路線 …!?- ドル円

達人の予想 

◆“揺れ動き”は続き、“方向感”は定まらず…

※ご注意:予想期間は11月23日と表示されていますが、本日(11月22日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


“揺れ動き”は変わらず…。

『第1段階の部分合意は、慎重ながらも楽観的』との劉鶴・中国副首相発言が伝わった東京タイム序盤には、“リスク回避姿勢”は後退しました。
一方で『(当該発言は)香港人権法案が可決される前の話』と後に伝わったこともあり、そうした動きは長くは続きませんでした。
“悲観”と“楽観”が交錯する中、結局ドル円は“108円台”での揺れ動き(膠着)に終始しています。

◆ただし“決裂リスクは小さい”がコンセンサス…?

「トランプ大統領が署名→香港人権法案成立」ともなれば、中国の反発は必至と見られます。
このため“楽観”一辺倒の展開は、期待薄かもしれません。
それでも「(米国代表団に対して)11月中の訪中を要請」と伝わるなど、“長引いて”はいるものの、“最終的には妥結(決裂リスクは小さい)”がコンセンサスになりつつあります。
こうした中での下攻めは、“かなりのパワーが必要”と見るのが自然です。

“108.90-109.00円”にはドル売りオーダーがズラッと並んでいるやに聞き及びますので、“上値の重さ”は相変わらずかもしれません。
それでも“下値の堅さ”が見られた以上、“大きくは崩れない”も継続…?

「米中通商協議」がテーマなだけに、“方向感は定まらず”“積極的なドル買い”も手控えるかもしれませんが、引き続き“押し目買いチャンス”と見て対峙したいところです。

◆ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:109.070(11/18高値、50週移動平均線、+1σ)
上値4:108.955(200日移動平均線、大台、ピボット2ndレジスタンス)
上値3:108.835(11/19高値)
上値2:108.763(日足・一目均衡表転換線、20日移動平均線、11/20高値、ピボット1stレジスタンス)
上値1:108.688(11/21高値、日足・一目均衡表基準線)
前営業日終値:108.608
下値1:108.451(月足・一目均衡表転換線、-1σ)
下値2:108.361(ピボット1stサポート)
下値3:108.277(11/21安値、50日移動平均線)
下値4:108.179(11/4安値、11/14安値)
下値5:108.112(-2σ、ピボット2ndサポート)

執筆者 武市佳史

執筆者 : 武市佳史|株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト

株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FX口座 カテゴリランキング

LIGHTFX 98

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

みんなのFX 98

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.8 銭(原則固定)

セントラル短資FX 86

ドル円 0.2 銭(原則固定)
ユーロ円 0.4 銭(原則固定)
ポンド円 0.9 銭(原則固定)
FX口座 スプレッド比較

LIGHTFX 99

ドル円 60
豪ドル円 21
トルコリラ円 60

みんなのFX 90

ドル円 60
豪ドル円 21
トルコリラ円 60

GMOクリック証券 83

ドル円 54
豪ドル円 20
トルコリラ円 45
FX口座 スワップ比較

▶︎ 総合ランキングはこちら

直近24時間の重要経済指標