ダウ平均は利益確定売り続く 米上院の香港人権法案を懸念=米国株序盤

株式 

NY株式20日(NY時間09:36)
ダウ平均   27886.58(-47.44 -0.17%)
ナスダック   8550.50(-20.16 -0.24%)
CME日経平均先物 23140(大証終比:0 0.00%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は続落。きのうに引き続き利益確定売りが先行している。依然として米中貿易協議の動向に関心が集中する中、早期に合意できるのか、市場には不透明感が高まっている。

 悪化する香港情勢に関して米上院が、香港人権法案を全会一致で可決しており、一国二制度が機能しているかどうか米政府に毎年の検証を義務付け、人権を侵した中国政府関係者らに制裁を科す内容。これに対して中国からも反発の声が高まっており、貿易協議に何らかの影響が出ないか不安視しているようだ。

 前日はホーム・デポの冴えない決算が市場の重石となっていたが、きょうは同業のローズや、ディスカウントストアのターゲットの決算が発表され、好調な内容から株価もポジティブな反応を示している。

 きょうは午後にFOMC議事録が発表される。予想通りに利下げが実施されたものの、声明やパウエルFRB議長の会見では、追加利下げを一旦停止し、様子見姿勢を滲ませていた。ハト派色はないものと予想され、株式市場も織り込んでいるものの、内容は注目される。日本時間21日4時の発表予定。

 今週は小売りの決算が集中しているが、Lブランズが引け後に決算を発表予定。

アルファベット(C) 1304.45(-11.01 -0.84%)
フェイスブック 197.92(-1.40 -0.70%)
ネットフリックス 303.46(+0.86 +0.28%)
テスラ 359.92(+0.40 +0.11%)
アマゾン 1747.29(-5.50 -0.31%)
エヌビディア 207.38(-0.61 -0.29%)
ツイッター 29.21(-0.23 -0.78%)

ダウ採用銘柄
J&J 134.95(+0.13 +0.10%)
P&G 121.89(+0.47 +0.39%)
ダウ・インク 53.19(-0.20 -0.37%)
ボーイング 369.26(+2.26 +0.61%) 
キャタピラー  142.10(-1.08 -0.75%) 
ユナイテッド  148.47(+0.10 +0.07%) 
ビザ 182.75(-0.02 -0.01%) 
ナイキ 94.02(+0.41 +0.44%)
ウォルグリーン 61.02(-0.44 -0.71%) 
3M 169.23(-1.45 -0.85%) 
エクソンモビル  67.51(-0.31 -0.45%) 
シェブロン 116.38(-0.07 -0.06%) 
コカコーラ 53.34(+0.26 +0.49%) 
ディズニー 148.14(-0.24 -0.16%) 
マクドナルド 194.27(+0.83 +0.43%) 
ウォルマート 119.97(+0.08 +0.07%)
ホームデポ 223.88(-1.98 -0.83%)
JPモルガン 130.40(-0.18 -0.14%)
トラベラーズ  134.94(-0.52 -0.39%)
ゴールドマン  218.64(-1.41 -0.64%)
アメックス 119.95(-0.05 -0.04%) 
ユナイテッドヘルス 271.56(-2.67 -0.98%)
IBM 134.10(-0.42 -0.31%)
アップル  265.47(-0.82 -0.31%)
ベライゾン 59.58(+0.08 +0.13%)
マイクロソフト  150.19(+0.31 +0.21%)
インテル 58.27(-0.08 -0.14%)
ファイザー 37.53(-0.13 -0.35%)
メルク 85.38(+0.73 +0.87%)
シスコシステムズ 45.38(-0.09 -0.20%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標