「パウエル議会証言」にも、一応注意が必要…!? - ドル円

達人の予想 

◆「トランプ演説」は“不発”

※ご注意:予想期間は11月13日と表示されていますが、本日(11月12日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。

注目された「トランプ大統領演説」でしたが、“目新しい材料”が跳び出すことはなく、“不発”に終わりました。
「(期待したほど)ポジティブではない」ということを背景に幾分“円買い”が促される場面も見られましたが、それでも“崩れる”に至っておらず、“方向感”が定まることはありませんでした。

◆「米中合意」のみに傾斜しているが…

こうした中、本日はもう一つ、「パウエル議会証言」という注目イベントが予定されています。

『速すぎる利上げと、遅すぎる利下げ』として、トランプ大統領は昨日、改めてFRBを批判しました。
一方でバーキン・リッチモンド連銀総裁/ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁は昨日、『追加利下げに否定的』との見解を相次いで示しています。
10月FOMCで『一旦、利下げ打ち止め』が示唆されたばかりということを考えれば、パウエル議長もこれに倣うと見るのが自然ですが、こちらも“方向感”が定まっているわけではありません。

“認識のズレ”が顕著な「米中の第1段階合意」を巡る思惑が基本という点は変わりませんが、こちらの“認識のズレ”も動意につながる可能性があるということには、注意を払っておきたいところです。

◆ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:109.819(週足・一目均衡表先行スパン下限、100週移動平均線)
上値4:109.620(5/31高値、月足・一目均衡表基準線、ピボットハイブレイクアウト)
上値3:109.485(11/7-8高値、ピボット2ndレジスタンス、+2σ)
上値2:109.291(11/12高値、50週移動平均線、ピボット1stレジスタンス)
上値1:109.084(+1σ)
前営業日終値:109.018(200日移動平均線、大台)
下値1:108.893(11/11-12安値、11/1~11/7の38.2%押し、ピボット1stサポート)
下値2:108.757(20日移動平均線)
下値3:108.686(11/1~11/7の50%押し、11/7安値、日足・一目均衡表転換線、ピボット2ndサポート)
下値4:108.519(11/5安値、11/1~11/7の61.8%押し、ピボットローブレイクアウト)
下値5:108.421(月足・一目均衡表転換線、-1σ)

執筆者 武市佳史

執筆者 : 武市佳史|株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト

株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

FXアプリ スマホランキング

GMOクリック証券 26

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 19
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

YJFX! 24

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 15
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 11
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
YJFX! のアプリ詳細

ヒロセ通商 21

ドル円スプレッド 0.2銭(原則固定)
豪ドル円スワップ 19
最小取引単位 1,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
ヒロセ通商 のアプリ詳細

▶︎ FXアプリをまとめて比較する

直近24時間の重要経済指標