【本日の見通し】ドル円は109円台後半を中心とするレンジ相場か

為替 

 前日の海外市場では、ドル円は8月の米小売売上高や9月のフィラデルフィア連銀景況指数が予想から上振れしたことを受けて、ドル買いの動きに傾き、109円80銭台まで上昇した。
  
 ユーロドルは前日の海外市場で、米経済指標の上振れによるドル買いなどから、1.1750近辺まで下落を見せた。
  
 今日のドル円は来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることもあり、109円台後半を中心とするレンジ相場が見込まれる。109円台半ばを割り込むと底固く、110円近辺では上値を抑えられやすくなりそうだ。
  
 今日の注目材料としては、18時のユーロ圏8月消費者物価指数確報値、23時の米9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値の発表がある。
  
MINKABU PRESS

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

資産形成情報メディア「みんかぶ」や、投資家向け情報メディア「株探」を中心に、マーケット情報や株・FXなどの金融商品の記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

\ すぐに取引できるFX会社はここ /
最短即日で口座開設
スマホのイラスト

スマホでカンタン本人確認!

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC