リスク選好のドル安・円安で師走相場を開始 ユーロドルはレベルシフトの予感も=NY為替前半

為替 

 きょうから師走相場に入って市場はリスク選好の雰囲気を高めている。米株も大幅高となっており、米国債利回りも上昇する中で、為替市場ではドル安・円安の動きが優勢となっている。新規感染者は世界各国で過去最多を記録し、感染拡大が続いているものの、市場はワクチン開発への期待を高めている。きょうはファイザーと独ビオンテックが欧州に承認を申請した。感染拡大から短期的な景気への不安感は高まっているものの、市場は来年の景気について楽観的になっているようだ。

 前日のドル円は月末絡みのポジション調整から買い戻しが優勢となっていたが、きょうもその流れを継続している。本日の21日線は104.40円付近に来ているが、その水準での推移。一時104.55円付近まで上昇し、21日線の上を試す動きも見られたが、上値を抑えられている。ただ、下押す動きもなく21日線付近は維持されている格好。ドル円については、ドル安が上値を抑え下向きの流れを予想する向きが多い。しかし、動きは緩やかとの見方も多く、急速に100円を目指すとの見方は少数派のようだ。

 ムニューシン米財務長官とパウエルFRB議長の上院銀行委員会での議会証言が行われ、パウエル議長は短期的な米経済へのリスクとFRBの力強いサポートを強調していた。ただ、目新しい内容もなく、今月のFOMCのヒントもなかったことから、反応は限定的となっている。

 ユーロドルは買いが強まっており1.20ドル台を回復。ストップを巻き込んで1.20ドル台半ばまで上昇している。リスク選好のドル安期待が根強く、ユーロドルを押し上げている。きのうも1.20ドル台に上昇する場面が見られていたが、維持できずに1.19ドル台前半まで押し戻されていた。今回はレベルシフトを予感させる動きが見られており、明日以降の動きが注目される。

 1.20ドルはユーロ発足以来の概ね平均値で、ECBも注目している水準とも言われている。直近では9月初めに1.20ドル台に上昇していたが、ECB当局者のプレッシャーもあり直ぐに押し戻されていた。市場のドル安期待は根強く、1.20ドルは通過点との見方も多い。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

MINKABU PRESS

執筆者 : MINKABU PRESS

みんなの株式をはじめ、株探、みんかぶFX、みんなの仮想通貨など金融系メディアの記事の執筆を行う編集部です。 投資に役立つニュースやコラム、投資初心者向けコンテンツなど幅広く提供しています。

為替ニュース/コラム

一覧を見る

注目ニュース

新着ニュース

主要通貨レート

直近24時間の重要経済指標

Pick Up 雇用統計 FOMC